ペン森通信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞を食いつぶした世代として
 朝日新聞の記者をしていたAとは、防衛庁記者クラブでいっしょだった。ぼくの将棋のライバルで仲がよかった。10余年前に論説委員をしていたということを知ったのは、朝日に内定したペン森生によってであった。もうおぼろにしか記憶してないが、内定者がなにか質問の手紙を書いて社内のしかるべきひとに届けたところ、それがAに回った。Aに呼びつけられた内定者は文書でこっぴどく叱られた。「朝日人としては記者個人の見解を出してはいけない。あくまでも朝日新聞という組織の人間ということを忘れるな」と。

「どうして個人よりも朝日を優先させねばならないのですか」と内定者からぼくが問い詰められ、文書を示された。「こいつ知ってるよ、いま、かれはいま論説か」。Aは東大出でこんなことを言っていたことを記憶している。「朝日という名前は東大よりも神通力があるなあ。朝日はすごいよ」。Aは,朝日絶対主義者だったのだ。入社すると大抵はその会社を絶対視するものだが、朝日にはその傾向の強いひとが極端に多い。大学時代のゼミの教授は朝日出身だった。ぼくが毎日を受けたら「朝日だけが新聞じゃないもんな」と皮肉った。

 朝日にはなぜ朝日絶対主義者が少なくないのだろうか。夜郎自大かもね。やろうじだい、知ってるかな。自分の力量を知らずにいばること。政治家にもこういうタイプが目立つね。鳩山邦夫さんは東大法学部を首席で卒業したというが、脱党して新党結成をめざし、坂本龍馬たらんとしている様子をみると、どこか滑稽。このひとは自分絶対主義だね。ぼくはNHKの『龍馬伝』をまるでみないからよく知らないが、龍馬役は太ってはいないはず。太った龍馬は革命行動家のイメージにそぐわないよ。

 新聞社の春採用試験は直前に迫ってきた。ペン森では直前作文講習の最中、28日に14期生の卒業式を行った。今期卒業生だけでなく、メディア就職をめざして努力している15期生に向かって、気のきいた励ましのことばを述べるつもりでいたが、口の悪いのが性分だからという事情に重ねて、メディアの将来が危ういから、ついつい口調も励ますどころではなくなった。メディアに明るい兆しはない。ぼくは日経のWEB版は実験と考えればおもしろいと思うが、高すぎる。出版も各社勝手に電子化の動きが急だ。

 メディアに就職したいひとはお金よりも、志や心意気といったやりがいを求める性向が強いというのは昔の話。このところ記者や編集者が寄ると触ると経費カットが話題の中心を占める。広告収入の激減に加えて若者の新聞・テレビ離れが加速している。トンネルの先の光が見えない。朝日人の自己絶対主義は、新聞が言論報道の王者だった古きよき時代の名残だろう。あるいは栄光の思い出を単に引きずっているだけか。朝日人のいやらしさだけが健在ということは、新聞を代表する朝日が時代に置き去りにされた悲哀を感じさせる。とはいえ、ぼくらの世代はおいしい生活を送ったなあ。新聞を食いつぶしてごめんよ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/224-42f12770
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

龍馬伝 ロケ地

NHK大河 龍馬伝 前編商品価格:1,050円レビュー平均:4.74 今田耕司が『龍馬伝』にライバル意識!?--『爆笑レッドカーペット』DVD発売 ‎8 時間前‎ 4月から土曜19時から日曜20時に放送枠を移動する人気バラエティー番組『爆笑レッドカーペット』(... 新着ニュース【2010/03/30 19:11】

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。