ペン森通信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本は恥知らずの文化になった
 鳩山内閣の支持率は毎日新聞以外、30%につけている。3月16日で政権について以来半年たつが、期待→失望→絶望という経過をたどった。そもそも選挙前の約束に比べるとほとんど詐欺みたいな内閣だ。鳩山さんはリーダーにふさわしい器ではないこともほぼ明白だ。マザコン総理だね。報道によれば1億円と7000万円の所得税を免れた社長2人を東京国税局が東京地検に告発した。鳩山さんは告発される資格が十分すぎるほどある。母親からもらったお金をためていたのは、脱税という犯罪だもん。

 ぼくも民主党支持だった。いまやなぜこんな政党に未来の希望を託す気になったのだろう、とイヤになる。鳩山内閣たたきは最早、週刊誌の定番特集になってきた。それだけ市場価値があるということだ。半年まえの追い風がいまや台風なみの逆風になってきた。みんな落胆している。子ども手当ては半額実施になって、高速道路は一部地方路線だけが無料化されたが、国外か県外移転を謳っていた普天間はどうなるかわからない。鳩山内閣の決定打のなさとビジョンのなさは、サッカーの岡田ジャパンとそっくりだ。

 岡田監督は南アW杯でベスト4をめざすと言っているが、これまた鳩山さんの「財源はあります」と繰り返した根拠のない話に似ている。どちらも実質を伴わない願望。北京五輪で星野監督は金をとると宣言して大恥をかいた。星野氏はCMなどにも出ているから、外野が大恥をかいたはず、と思っているだけかもしれない。その点、鳩山さんと同じ不感症人間かもね。男にも不感症ってあるんだっけ。ルース・ベネディクトは『菊と刀』で日本は「恥の文化」と規定したが、国の総大将がこれじゃ日本は「恥知らずの文化」だよ。

 小沢幹事長もおかしいよね。腐臭ふんぷんたるものだ。「国策捜査だ」と息巻いていたのに、嫌疑不十分で不起訴が決まったとたん「厳正な捜査の結果、私には不正はなく潔白であることがわかった」と豹変した。しかし、不動産フェチということはわかったね。一方の検察も裏金を実名で告発しようとした大阪高検公安部長を口封じ逮捕したことで、検察が正義だとはだれも信じなくなった。ぼくは検察も小沢幹事長も信じないね。検察に対して外務省の密約調査みたいな隠蔽体質を剥ぐ調査はできないのかね。

 ぼくは厚生年金が収入源である。他の雑収入と合わせてもぼくは年収300万円。65歳以上の高齢者は2025年には30・5%になる見込みだし、社会保障制度が崩壊寸前だ。いや、日本自体の破局がありうる。この恐ろしい事態をうすうす感じていたから、われわれは政権交代をして破局を回避しようとしたのではなかったか。だが、鳩山さんはその自覚がないようにみえる。未来構想力のある政治家と早く代わってもらわねば。若者よ、坂本竜馬はいないのだ。政治に頼っちゃいけないよ、自分自身で食っていける専門性をもって羽ばたいてくれよな。結局は自分だけが頼りだよ。




スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/222-3ec368b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。