ペン森通信
逆の生き方をしてきた
  きのう11月5日、71歳の誕生日を迎えた。71年生きてきた割に一向に育ってない部分もかなりある。すでに目一杯の感じがするのは節酒制限中の酒量くらいのものだ。精力も0・01グラムも残量がないくらい減退しているか。もちろん記憶力もどこかへ消え去った。本は読んでないのが多くて、書店に行くと自己嫌悪に陥る。

 このところ、頻尿対策とか墓地選びとかの広告に敏感になった。ぼくは催眠薬を常用しているが、2,3時間に1回の割合で小便に起きねばならない。ペン森で合宿へ行ってもトイレに近い布団にもぐり込むことにしている。しかし、酔いすぎると催眠薬も飲まず、そのまま手軽な布団を利用する。酒を飲むと小用の間隔が長くなる、と医者に言ったら、「それは逆じゃないの、と笑われた。逆を好む癖は生理現象にも現れているようだ。

 71歳というと物心ついてから半世紀以上なり、この間、召された知り合いは数しれない。祖父祖母父親母親叔伯父伯母に友人知人。太平洋戦争の戦地から帰還した叔父は、いったんぼくの家に寄留し、気が抜けたように座敷に寝ころんでひねもす西部劇『黄色いリボン』の主題歌のレコードを何回も何回もかけていた。体格のいい叔父の虚脱したような姿とその曲のメロディーはいまでも耳の底にこびりついている。

 『黄色いリボン』はジョン・フォード監督の騎兵隊3部作の2作目にあたるが、主演はジョン・ウェインである。ぼくはあとの2作『アパッチ砦』『リオ・グランデ砦』もDVDでもっている。だが、ジョン・ウェインが嫌いなので見る気がしない。ああいうアメリカンマッチョは、いかにも好戦的にして偽善的なアメリカの典型みたいだ。あの大男の世紀の大根役者は意外に声が細く、尻もデカ尻ではないところだけが取り柄だ。

 1950年前後の西部劇は、やたらインディアンを殺し人種差別むき出しの場面も多い。とにかく隔世の感があるから若い人もDVDを借りるとよい。50年代60年代の映画は邦画洋画を問わず、主演脇役がむやみにたばこを吸う。禁煙広がる現代からみると、目をむくような光景だ。小津映画は『秋刀魚の味』にしても、たばこと酒が絶妙な調味料になっているから、これはこれで時代を示す彩りではある。

 酒といえば、ぼくは小浦太平という故人を思い出す。「天下ノ浪人」と自称する理論右翼であった。299種という日本最多の果実酒づくりに成功し、それを振る舞っている、どうぞ飲みにきてください、と毎日新聞に投稿してきた。「これは違法ですよ」とぼくは自宅を訪ね、ならば酒税法を改正する運動をしましょうよ、と促した。昭和46年にブドウ種などを除き、一般家庭でもさまざまな果実酒がつくれるようにした功労者である。小浦さんは、酒は一滴も飲めなかった。代わりにぼくが飲んだ。小浦さんもまた逆の生き方をした。膨大な果実酒は遺言でぼくに託されたが、収容場所がなくもらわなかった。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
助けて
ストーカーの追い回されて怖いんです。毎日夜になると非通知電話多いし怖い。。。助けてくださいpeach-.-girl@docomo.ne.jp
【2009/11/07 02:42】 URL | さおり #WC.XgaRQ [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/204-336ae9d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する