ペン森通信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八ッ場ダムの住み込みルポ
  いま、ぼくが新聞記者をめざしている学生だとしたら、八ッ場ダムの群馬県長野原町、あるいは熊本県球磨川水系の川辺川ダムの五木村に住んでみよう、と思うだろう。いずれも民主党がダム建設中止を明示しているところである。前原国交相の八ッ場ダム視察では、前原大臣は門前払いをくらった格好になった。仕組まれた門前払いではなかったか、とぼくは疑っているが、現場に住みこんで調べ尽くせば内幕が明らかになるにちがいない。

 このダム問題がどのようなかたちで解決をするかわからない。1年くらい住んで地元住民との信頼関係ができていれば、解決していなくても、新聞やテレビのように折目節目にわずか1日取材するだけで、かれらよりも深く掘り下げたレポートができるだろう。1年間在住したら、住民に対する全調査も可能になる。人間ルポの対象人物も抽出できるだろうし、過去から現在にいたる賛否をめぐる住民の愛憎ドラマも描けるにちがいない。

 マスコミ志望者のESには「弱者や被災者に寄り添う」という表現がよくでてくる。寄り添う、というのは自分が上に立った状態のような印象を受ける。同じ目線で確認したいなら住み込むか、同居すべきだろう。ぼくはそれがジャーナリズムの現場主義の根幹と思う。もしかしてどこかの社会部がそのような指示を出して、記者を住まわせているかもしれない。そうだとしたら、その取材精神に拍手を惜しまない。

 計画中のダムは全国で143基あるというが、もちろん八ッ場や川辺川のストップは無駄な公共事業の見直しだけでなく、政官業の癒着や利害構造や慣習にメスを入れるという側面もある。民主党はしがらみがないから思い切ったことができるといっている。しがらみは談合やコネとほとんど同義で、民主党もいずれ日本的なコネ社会に染まってしまうんだろうね。小沢ガールズだって、なんらかのコネを辿って発掘したわけだろうからさ。

 ぼくが民主党を支持しているのは、ただ一点、未来責任が感じとれるからである。温暖化防止にしても、子ども手当てにしても、ダムストップにしても、現在世代よりも未来世代が恩恵を被るし、場合によっては未来世代の生存権を保障しようとするものだ。自民党の新総裁が地味に地味な谷垣さんに決まったが、いまどき保守をアピールしたいなんて相変わらずピンぼけ。河野太郎にして、激しくぶちこわせばまだ外野も楽しいのに。自民に明日はないね。この政党に明日を託さずによかった。

 沢木耕太郎には住み込みノンフィクションの傑作がある。『人の砂漠』(新潮文庫)という初期のころの作品。ぼくが読んだのはもうずいぶん前、40代のころだったが、いつかはおれもこういうノンフィクションを書いてみたいと刺激された。しかしただ無為に飲んでいまに至る。八ッ場ダムの長野原に住みついて書く若者はいないのかね。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/193-11446464
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。