ペン森通信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひまになったからひま話3つ
①ぼくは自宅で毎日と朝日の2紙を購読している。けさは朝日の代わりに日経が入っていた。専売店のない日経が朝日に託して配達しているのだろうが、配達人でも変わって間違えたか。おかげで日経も8・30の選挙を「衆院選」と表記していることがわかった。朝日だけが「総選挙」と表現、読売も「衆院選」と表記している。
 ぼくも「衆院選」のほうがいいと思う。衆議院議員は任期4年で総議員を改めて選びなおす。だから総選挙。参議院議員は3年ごとに半分を改選するから、ふつう参院選と略称する。参院選と区別する意味で衆院選としたほうがわかりやすいよね。朝日は読者へのサービスよりも、単に気取っているのかしら。衆議院議員選挙をどうして総選挙というの?と聞かれて困るお父さんもいるだろうよ。朝日はこういうところがいやらしい。
 ところで選挙情勢の調査はきのうが朝日、きょうが読売。民主は朝読とも300議席前後を獲得して、自民を圧倒殲滅する勢いは止まってない。9月は官僚も新聞も世の中も革命的に大混乱するぞ。変化を好まない保守的な日本人も今回は石橋を叩いて渡りそう。

②ペン森の本棚から『日本すみずみ紀行』(川本三郎/六興出版)を引き抜いて電車のなかで読んだ。昭和62(1987)年の発行。14,5年まえ、ペン森草創期のころ過疎化が進む農山村や小さな漁村が描かれている。ぼくは読んだはずだが記憶に留まってない。そのころはペン森のことで頭がいっぱいで、ほかのことは上の空だったのだろう。
この本が取りあげている北海道の広尾や下北半島や角館や五能線への興味はまだ覚醒していなかった。川本紀行は14ヵ所のルポで成り立っているが、ぼくはこの15年間のあいだに内陸部の奥地にも足を踏み入れた。車があって連れがいたからだね。最近、ローカル線への郷愁がふつふつとよみがえってきているが、車を手放してからは連れを希望してくれる人数も減るばかりで、ついにはひとり旅が多くなった。
 リタイアする日もそう遠くはないだろうから、まずは北海道へわたり広尾からバスで帯広へ出たいものだ。宮脇俊三『最長片道切符の旅』をなぞりたい未練が断ち切れない。もしもだが、20代女子の連れがいたら、男女老若ふたりの全国気まま旅。売れるかもよ。

③『羆撃ち』(久保俊治/小学館)は、題名の印象とは違って静謐なノンフィクションであった。これを読むうち、秋田のまたぎ取材を思い出した。空き地に並べられた十数個の檻に捕獲された羆が入っていて、檻のあいだを早朝ひとり抜けて歩いたのは北海道・留辺蘂だった。背丈2㍍以上の羆がみな立ち上がって「えさ」のぼくをよだれをたらして見つめ、怖かったねえ。恐怖体験は40年たっても鮮明に残るものです。
 川本紀行には宿の食事に熊肉の刺身なんていう山里料理も紹介してあるが、『羆撃ち』著者は撃ち殺したら腹を割いて、まず心臓をあぶって食べる、などというワイルドな話がひんぱんにでてくる。でもこれは殺した羆と一体になるための礼儀のようなもので、この本には動物と自然界に対する尊厳の念が満ち満ちて、すがすがしいナチュラル本。気合いを入れたい草食系にお勧め。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
エロ
私、お股をこーんなに開いて洗うんだよ
http://www.vXoiWt.com/
【2009/09/16 19:54】 URL | エロ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/184-603adfc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

衆議院議員選挙 比例

ひまになったからひま話3つ ... 衆議院議員選挙をどうして総選挙というの?と聞かれて困るお父さんもいるだろうよ。朝日はこういうところがいやらしい。 ところで選挙情勢の調査はきのうが朝日、きょうが読売。 ...(続きを読む) 衆議院選挙、これって村会議員選挙と変?... ちょいヲタオヤジのニュース速報【2009/08/22 11:23】

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。