ペン森通信
記者志望女子にだまされる面接
  
 またまたぼくのPCは故障していた。中断していたブログを再開します。
 新聞秋採用のES(エントリーシート)提出がヤマ場をすぎた。新聞は読者離れと広告収入減により、いずこも経営環境は厳しい。春は各社とも採用人数を絞った。秋は他業種からも受験者が流れてくると予想され上、財政が苦しいらしい毎日がギブアップして採用試験を見送るという事情も加わるので、秋採用はかなりの激戦だろう。

 ペン森は恒例の直前論作文講座を8月のお盆期間中に開く。新聞、NHKで課される論作文の強化対策である。ペン森は、春が大不振だったので、秋の挽回に期待しているが、今期生は春から秋に向けての意欲執念が足りず、実力があまり向上してない。これまでの期が肉食系だとすれば、あきらかに草食系。蓄積から立ち上ってくる内発的なパワーに乏しい。男女とも優しく繊細だけど、精神が頑健でない。

 昨年までの受講生は個々に存在感が濃かったような気がする。論作文も総じて本数をこなし、表現も巧みだった。その濃い存在感が面接で有利に作用したと思う。面接はなにを言うかという中身よりも、答える態度や人柄で判定される場合が多い。一見して、感じのよいタイプの内定率は極めて高い。人間力の総合点で判断される、ということ。女子は20代半が華だが、男子は30代に力を出すという意見に賛成するね、ぼくは。未来可能性のある男女を内定させなければ、なんのための採用試験かわからんもんね。

 新聞面接はとくに女子の場合、辞めそうもなく長続きしてくれるひとを優先的に内定させるが、入社させるとこれが当てにならない。職場環境も悪いのだろうけど。採用おじさんたちは自分の結婚で女子が変貌することをリアルに知って、懲りているひとも多いはずだが、面接ではきれい系女子にころりとだまされる。頭のよしあしの判断はつくが、こころのありようがとんとわからないから、某社のように現在20人が精神で休養という事態になる。間違いないと見て採用した女子記者に夜、張り込みをさせたら、暴行罪で訴えるとFAXしてきた父親がいたらしい。蝶よ花よ、で育っていたことを面接官は見抜けなかった。

 面接には正解がない。作文も正解がない。しかし、作文は「着想力」「表現力」「視点」の3要素をみれば、かなりの確率で判断がつく。ありきたりな着想、稚拙な表現、だれもが考える陳腐な視点であれば、とてもA評価はもらえない。採点者がトクした気分になるとっておきのオンリーワン作文がいいのである。知らないことを知ったらトクをした気持ちになる。これだよ。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/180-2925f5a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する