ペン森通信
『運命の人』は肉食系特ダネ記者
 山崎豊子が文藝春秋に長期連載していた『運命の人』がついに単行本化され、全4巻のうち1巻と2巻が先行発売された。ぼくは、連載は読まず本になるのを待っていた。内容は1972年のアメリカから日本への沖縄返還に際して日米間に密約があり、アメリカ側が支払うべき現状回復費400万ドルを日本が肩代わりしたというのが沖縄密約問題である(原状回復費は6500万ドルが秘密裏に支払われた、とのちに判明)。それをスクープして逮捕されたのが西山太吉元毎日新聞記者で、「運命の人」とは西山のことだろう。

 作者の山崎豊子も元毎日新聞記者でその上司が同じく作家の井上靖だった。山崎は西山と面識がなかったと思われるが、題材に沖縄密約を選んだのは、元新聞記者山崎にとって看過できない問題を含んでいたからにちがいない。ぼくはまだ1巻の途中までしか読んでないので、内容の詳細は語れないが、この事件そのものには大いに関心がある。国家権力はうそをつき通す、ということをこれほど如実に示した事件はない。

 日米間に密約があったことはアメリカの公文書によって朝日新聞と毎日新聞がすでに明らかにしている。当時の吉野文六外務省アメリカ局長も密約があった旨、証言している。しかし日本政府は、密約文書の「存在はなかった」と隠蔽をつづけている。このような国家権力の姿勢に裁判所も踏み込まず、政府と司法のありようが恐ろしい。

 国家秘密の暴露によって西山記者はメディアの知る権利をはたしたことになるが、この問題が西山の私的スキャンダルに変質していったのは起訴状の文言によってである。東京地検の担当検事はのちに国会議員となる佐藤道夫であった。「女性事務官をホテルに誘ってひそかに情を通じ、これを利用して」と佐藤が書いて、風向きが一気に変わった。ぼくは当時、毎日新聞の社会部にいたが、西山逮捕に激しく憤って抗議していた毎日の勢いは水をかけられたように沈静し、世間に顔向けができない沈痛な表情におちいった。

 「情を通じ」という表現はいかにもなまなましく品がなく、毎日新聞にうすよごれた印象をもち、購読をやめた潔癖な主婦も多かったらしい。問題の本質のすりかえが行なわれた重大性よりも国民は男女スキャンダルに対する好奇心を優先させた。国民はなんとたやすくコントロールできるのだろうとほくそ笑んだ権力者もいたにちがいない。

 西山記者は退社するとき編集局の1人1人に「お世話になりました」と挨拶してまわった。「ご苦労さまでした」と返したぼくは、そのときはじめて希代の特ダネ記者を目の前でみた。なおも名誉回復のため闘いつづける肉食系大先輩記者を見るにつけ、いまどきの記者は牙をむかない草食系ばかりのようだ。すこしは闘ってくれよな。




スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/166-94eeda36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する