ペン森通信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

圧縮された日本に行った
定例の血液検査を3週間後にひかえている。なのに先週の土曜夜はペン森女子と神保町で飲んだ。日本酒4合。その日、昼前から彼女の所望で墨田区の木下川(きねがわ)地区を歩いてきて、彼女と話したい心境になっていた。木下川は皮革工場が集まり、ブタ皮のなめしが日本の7割以上を占めるところで、他の地域でランドセルや靴や鞄などの製品にされる。ぼくは44年前、墨田区や江戸川区や江東区や葛飾区の事件事故を担当する若い記者だった。皮工場群は四つ木橋の近くときいて、にわかに望郷的な興味がわいたのだ。

同行の彼女が手回しよく土曜日でも見学OKの皮工場にわたりをつけていた。荒川の土手沿いに歩を進めると、15分ほどで「東京都立皮革技術センター」の案内看板がでていて、旧木下川小学校にさしかかる。旧というのは、昭和11年に1062人を数えた生徒数が2003年25人にまで激減して、廃校になったからである。門注の校名ははぎとられ、鮮やかな赤茶に白くライン取りされた無人の校庭を4階建ての鉄筋校舎が見下ろしていた。児童の声も姿もなく、ただ空虚感がただよう旧小学校である。

付近は狭い道が入り組み、緑が乏しく工場が密集している。食料品店、理髪店、クリーニング、薬、病院、食堂なども見当たらず、ゴムの長靴を履いたアフリカ人らしき黒人労働者の姿が目立つ。快適な住環境とはいえない。目的の工場に着き作業中の黒人従業員に来意を告げると、背の高い黒人が運転していたフォークリストから降りてきて、わざわざ宿舎の同僚を呼んでくれた。「ボスは出かけている。呼ぶか」と同僚は外出社長の携帯番号を口にしはじめた。2人の黒人は下町ふうのひとのよさを引きついでいるようにみえた。

同行女子はあわてて、電話番号を知っている社長夫人に到着したむねを伝える。開けっぴろげで親切な夫人の案内で原料皮をなめし終えて、ブタの皮が首から尻まで1枚のうすい滑らかな皮に変化するまでの工程を見せてくれた。工場にはいると、すぐ血の付いた生皮が山積みされ、大きな段ボール状の7個のかごに最初の工程で落とした脂肪がみっしり満杯だった。大量の水を必要とするなめし業なので、床は一面水が浸みて、全体に臭気がムッとこもっている。帰宅後も獣臭い匂いが汗でぬれたシャツに付着しているようだった。

表面的に現象をみただけであったので、同行女子と飲み話していたら、疑問が立ちのぼってきた。皮革産業と人権問題の歴史、労働者に日本人の若者はなぜいないのか、学校廃校の遠因は、黒人はアフリカ人か、何人くらい働いているか、就業ビザは?どのようなルートでやってきて、給料は?住居は?休みは?従業員としてのかれらは優秀か。「ここは3K以上4Kだから」と自嘲した夫人。ここには、日本のある現実が圧縮されている。

44年前、黒人労働者は1人もいなかった。わからないことだらけになった現代日本。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/131-62134ea0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。