ペン森通信
靴とバッグ、ぼくのケース
 恥ずかしながら、ぼくは隙あらば靴とバッグを買うくせがある。ペン森の近くにある靴店はアメリカのウオーキング用ブランド「ロックポート」がそろっていることで知られ、いつか鳥越俊太郎もこの店に買いにくるといっていた。
 ぼくはもう30年近く前からこの靴店で計20足は購入したと思う。25年もははきつづけている「ロックポート」もある。それは大雪取材の際、買い求めたブーツ状の冬靴だが、雪や大雨のときなどに愛用してきた。だいたい1万円前後の靴を30足くらいもっているだろうか。
 ペン森にも7足置いていて、ときどき気分転換に履きかえている。うちの靴箱に10足以上、車のトランクの段ボールにも入れてある。「ロックポート」だけではない。ホーキング、ハッシュパピー、リーガルもある。ところがフォーマルはわずか1足。カジュアルばかりそろえてしまう。
 バッグはリュック状からトート、旅行用、ゴルフ用。肩掛けなど16,7個だろうか。ペン森にも6個用意してある。それでもビジネス用はわずかに1個。非常勤講師として2大学に行くときもまずビジネス用は使わない。このあいだまでは布製の草色リュックばかり背負っていたが、女房が「戦後の買い出しみたい」といやがるので、べつのリュックに変えた。一番高価なのはビジネス用のイギリス製5万5000円。あとは2000円~1万円。
 靴は最近、足にあわなくなったのもある。足のほうが変形したのだろう。外反母趾を疑っている。靴によっては左足の拇の付け根あたりが痛む。靴は年をとらないが、ぼくは加齢なる人生だから、どこかにひずみが現われる。
 リュック状のバッグはもともとはアメリカの学生からはじまった。分厚く重い教科書を何冊も持ち歩くにはこれがいちばん楽だからである。日本の教科書は薄くて軽いから、トートで十分だよね。ぼくはいま、濡れた折りたたみ傘を外側のサイドに収容できる肩掛けをさがしている。
 靴もバッグもなんとなく人間性を反映するところがある。じつはプライバシーを見せている感じがしてじろじろ観察されるのはいやだよね。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/12-af06450a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する