ペン森通信
熱海へ行ってきました
  先月、東海大学文学部文芸学部の教員5人が集まって、学生の読むべき本50冊を選定するシンポジウムが開かれた。堀啓子准教授は近代文学を中心にとりあげ、尾碕紅葉の『金色夜叉』を推薦した。女性読者が「この連載の途中で自分が死んだら、墓前に続きを供えてほしい」というほどの大人気新聞小説だった、とエピソードを披露して強く勧めた。

 たまたまぼくは洋食の名店「スコット」で昼食にビーフシチューを食べに出向き、ワイン小瓶1本を空けて陶然と海岸を歩いて、お宮の松に立ち寄ったばかりだった。ちょっと話がそれるが、先週の週刊文春の「食味探検隊」の欄でスコットのステーキを注文した執筆者がぼろくそにけなしていた。スコットはビーフシチューかタンシチューが絶品でね、そもそもステーキを食べるなんてピントはずれなんだよ。

 お宮の松のところには、マント姿の間貫一が取りすがる着物姿のお宮を下駄履きで蹴飛ばす像がある。小説の挿絵は下駄でなく革靴だったが、このクライマックスシーンの効果をあげるため、かつて無数の映画やテレビドラマ化で改ざんされた。偽装である。観光客ゼロの熱海名所で、備え付けのスピーカーから中年男声の歌謡『金色夜叉』がわびしく切々と、かつ長閑に流れていた。

この古色蒼然たる失恋ロマンスを知っているペン森生はまず皆無。貫一・お宮who?である。それでもつぎの歌詞を読めば、おおぼろげに見当はつくだろう。「ダイヤモンドに目がくれて 乗ってはならぬ玉の輿 人は身持ちが第一よ お金はこの世のまわり物 恋いに破れし寛一は すがるお宮を突き放し 無念の涙はらはらと 残る渚に月淋し」。お宮は貫一の許嫁だったが、高利貸しの男に走った。貫一は嫉妬の激情にかられるのである。

 熱海は『金色夜叉』で全国区になり、新婚カップル、失楽園カップル、そして社員旅行の定番歓楽地となった。古くは徳川家康もここで湯治したんだよ。それがきっかけで江戸城まで湯を運ぶようになり、八代将軍吉宗時代から海上による大量輸送がはじまった。吉宗は温泉好きで在任中、長ひしゃくで源泉の湯を詰めた樽を3600個運ばせたという。

 お宮の松からタクシーで熱海新名所MAO美術館に向かう途中、運転手がいった。「いまのお宮の松は2代目、初代は富士屋ホテルから移植した。2代目は熱海ホテル。両ホテルとも廃業していまはありません」。いま熱海は高齢者むけ温泉付き施設が建っている。最近は関西方面の観光客が多いらしい。その点は慶賀の至り。以上、熱海盛衰記。『金色夜叉』のさわりの部分を読みたい方はネットでどうぞ。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/111-5b1e5a85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する