ペン森通信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眠れぬ美女と行く
日本列島鉄道路線一覧が載った旅行地図を買った。広げると全長3・5㍍はあろうかという長尺もの。ぼくが縦断の旅をもくろんでいる北海道・広尾→鹿児島・枕崎までは気の遠くなるような距離である。もちろん宮脇俊三『最長片道切符の旅』をなぞるわけだから、一直線ではなく先へ行ってはまた近くまで引き返す。全行程は1万3000キロ以上になる。

 これは一筆書きのコースだからコースとしては1コースにすぎない。宮脇さんは34日間かけて乗車した。つまり1コースを34分割して乗り継いで制覇し、みごとな紀行文学を仕上げたのである。ぼくも紀行文を考えているのだが、34日間以上かかるだろう、と予想する。まずスタートの国鉄広尾線広尾駅なんてすでに廃線になって存在しないから、バスで帯広まで行かねばならない。

 『最長・・・』が刊行された1979(昭和54)年には新幹線は開通していたが、宮脇さんは、ただ窓外に景色が流れさる新幹線は利用しない。あくまでも土地土地の人情、風物、自然にじかに触れてリアルな表現を心がける。『阿房列車』の作者はホームに停車中の列車を前から後ろまで歩いて編成を観察したが、宮脇さんは走行中の車内を右に左に歩き回り、まどから外を見ては屋根の変化なども目に焼きつけた。

 ぼくは『阿房列車』をまねて狂言回しヒマラヤ山系のような配役も必要とするが、派閥からいえば宮脇派である。山口瞳『温泉へ行こう』や開高健『ずばり東京』の味付けもしたいものだという野望ももたげてきている。じつは昨夜も今朝も居眠りして電車をのりすごした。車内で眠りこけて車窓のなにも目にしないんじゃないかと心配。

 ところがだ、北海道の同行者、つまりヒマラヤ山系役は女子大生なのだ。学割現役とジパング倶楽部老人の組み合わせ。年齢差47歳。わが学割女子はよき介助をしてくれるだろう。ま、世間は品よくいって川端康成『眠れる美女』程度の想像力ははたらかせるかもしれない。しかしね、内容は『最長・・・』刊行の30年前と現在の日本の矛盾や病理現象をえぐる社会派でさ、金も組織もないが志だけで朝日のルポは超えたいね。介助女子が道中、眠れる美女だったら困るが。



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://penmori2007.blog108.fc2.com/tb.php/103-f44e55a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。