ペン森通信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日 vs 安倍の勝負が面白い
トランプ大統領はアメリカの有力新聞を敵に回しているが、日本の安倍首相は朝日新聞を敵視している。読売、産経はお友だちだ。憲法に関して国会で「読売を読みなさい」と言ったほど肩入れしている。毎日も夕刊で厳しい子とを言っているがなにしろおやじが毎日の政治部だったせいか、影響力があまりないと高をくくっているのか発言はほとんどない。日経はアベノミスクは失敗だったとなぜか書かない。安倍は日経を刺激しない。

 その安倍の一強支配も前川前文科次官の証言でさすがにこたえているだろう。多くの国民は、前川次官のほうが嘘をついてない、と思っているにちがいない。菅官房長官が唐突に前川前次官は風俗店に通っていたとか、その地位に恋々としていたとか個人攻撃を記者会見ではじめた。この個人攻撃は読売が報じて、とんだ笑いものにされたが、同時に嘲笑の対象は読売や官房長官や安倍政権に向けられていただろう。

昨日の朝日は「総理は言えないから私が言う」首相補佐官から要求」と1面トップの見出しを掲げて追い打ちをかけた。週刊朝日もトップ記事は「“前川砲”潰す安倍政権の卑劣」である。朝日はこれでひよってほこを納めると、読者の期待を裏切ってしまう。安倍政権を倒してこそ朝日の存在価値である。ぼくもそうだが、世間は安倍一強VS朝日新聞に多大の関心を寄せている。この勝負はおもしろい。

安倍は在任中に憲法を変えたいようで、2020年に新憲法を施行したいと言った。最初は96条の手続き論、教育無償化の花火、ときてついに施行まで踏み込んできた。有権者たるぼくはなんの相談も受けていない。安倍がどんな国にしたいのか、将来ビジョンがないままなので不安で仕様がない。ぼくは安倍を支持しないが、世間はまだ50%くらいが支持している。ほかの選択肢がないからだ。

朝日が大好きだった民主党政権の失態はまだ尾を引いている。改名した民進党のほうが安倍よりまだましという国民はごく少数だ。「安倍さんは優しい顔をした怖いひと」と評したペン森女子がいた。ぼくに言わせれば、トランプよりも優しい顔であって、本質は両方とも怖い。これに北朝鮮の金正恩を加え、3人とも消えてくれれれば日本人がどれだけほっとするだろうか。トランプは金正恩の暗殺を狙っていると言うが、早くそうしてくれ。

トランプが登場したとき、安倍はきっと気が合うはずだ、と予言したペン森出身の朝日記者がいたがその通りだった。安倍は米大統領と仲良くなって鼻高々かもしれない。温暖化抑制に異を唱えない自国主義のトランプのポチになってなにが自慢なのだろう。トランプは弾劾されて消えゆくかもしれない。消える前に世界の平穏を願って、日本の憲法は変える必要はないと表明してくれ。安倍は朝日に代旗をあげることになるが、従うだろうよ。トランプには無理な注文か。

スポンサーサイト
あすとあさっては待望の休みだ

[READ MORE...]
ぼくにはJDやJKが効果的です
 このブログはしばらく休んでいた。「お元気ですか。「ブログが更新されてないので心配です」という問い合わせが方々からあった。PCの不具合によるものだった。先週、16期の朝日女性記者が来て正常に戻してくれた。ぼくはそれなりに元気だ。それなりというのは高齢者並みということである。先週土曜日、44歳でなくなった5期生を「偲ぶ会」が開かれた。かれが2期生から5期生まで4年間ペン森に通ったので3期生の出席が多かった。ぼくが元気はつらつだったころの大学生である。ぼくは当時に戻ったような気になっていたのだろう、きのうの朝うちから道路におりる5段の階段を踏み外してしまい、鉄製の門扉に前頭頂部をぶつけて止まった。

 隣の若い奥さんが大きな音に驚いて飛び出してきてわが家に急を知らせてくれた。杖なしで階段を降りようとして、転倒したのである。あ、倒れるな、と思ったが、そのまま門扉にぶつかった。血がたらたらと流れ、階段に落ちたが、これは脳梗塞後定期的に血の流れをよくする薬を飲んでいるかから、おおげさに流れ落ちるのである。ぼくは気持は若いつもりだが、やはり年老いている。僕の老衰ぶりに久しぶりに会った教え子たちはさぞびっくりしたであろう。それでも女の子にはまだまだ興味がある。体験受講に女の子が申し込んでくると、どんな子だろうと興味は尽きない。

  男性の年寄りはいくつになっても女の子に興味がある。中には女の子よりも熟女のほうがいいという男もいるが、ぼくは断然女の子である。それもJDないしJKだ。JDは女子大生、JKはご存じ女子高生。高齢者が異性に興味と関心があるのは、長生きのためによいと医学的に証明されているそうだ。するとぼくは長生きする。しかし、これ以上生きていても仕様がないな、という考えもないではない。料理を担当してくれていたペン森の同年齢の相棒は肺炎で入院していて、ぼくは朝買い物をしてそれを背負ってくる重量がどんどん耐えれなくなってきた。利用する地下鉄は階段が多く、エレベーター、エスカレーターが少ないのだ。

 地下鉄は脚の不自由な高齢者には向いてない。高齢者3割引きのJRジパングの更新連絡が来ているがどうしようかと迷っている。ローカル線の駅でも最近はエレベーターが付いているところが多いが、それでも遠方に行くのはおっくうだ。孫娘とも旅することはなくなったし、ましてやペン森の若い娘は相手にしてくれない。まったく人畜無害な老人なのに、少しは男として認め期待しているのだろうか、と思う。頭の中では妄想たくましくするけど、害はまったくありません。そのへんを汲んで昔みたいに旅友になってくれる女子はいないのか。あれだけESに弱者に付き添うと書いているのにぼくにはちっとも恩恵がおよばない。

 合宿の要望があるが、ぼくは八王子セミナーハウスは手すりがないので無理だ。あそこは手すりの必要でない若者向きである。もともと多摩丘陵地帯という丘陵に造ったセミナーハウスだし、老人が来るとは想定していなかった。棟と棟をつなぐにも坂だから、若者の利用しか考慮してないのは明らかだ。ペン森の女の子が手を引いてくれてもぼくは行かないよ。たった5段の階段で転ぶくらいだから、あそこへ行ったらい生きて帰れないかもしれない。だから合宿はぼく抜きで頼む。


























 





プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。