ペン森通信
トランプも所詮は縄張り好きな男だ
日曜夜7時半からのNHK総合『ダ―ウインが来た!』は5日も見た。アルプスに住むリスの縄張り争いを描いていた。縄張り争いはなにもリスや他の動物だけでなく、人類も歴史上繰り返してきた。いまやトランプ爆弾が世界の話題の中心になっている。トランプがおれの縄張りに手を出すな、イスラムは来るなという威嚇に世界が驚愕している。おれのしまに来る者はい出すという。領土問題というのは縄張り争いの最たるものだ。

アメリカは世界中の縄張りの大部分を占めている。もちろん日本はその一部である。どころか、植民地だとこの間きた米軍基地を抱える支局の若者が言っていた。ということは、日本もトランプの縄張りということだ。10日に日米首脳会談があるが、トランプは日本の首相は同格とは思っていないだろう。あんなにご機嫌をとろうとするのだからやはりポチだ。安倍首相は、世界で唯一難癖をつけない首脳である。

トランプと仲良くなったからと言って自慢できることはなにもない。日本は第二次大戦が終わる際、北にはソ連、西はアメリカが占領する、という話があったらしい。ドイツみたいに東ドイツと西ドイツに分割したようなものである。ソ連という国家はすでに消滅して、ロシアとして残っている。ロシアのプーチンが訪日したときテレビの中継がやかましかった。北方4島全部ではなくても返され日本の縄張りが増えると期待された。

仮に2島が返還されるにしても喜ぶのは日本よりもアメリカだろう。属国の縄張りが増えると言うことは自分の縄張りが増えるのと同じで、返還された島に米軍基地をつくればロシアににらみがきく。いまのところ、プーチンとトランプは気が合いそう、ともっぱらの噂だ。もし2人がケンカごしの仲だったらドンパチでもはじめるんじゃないかと世界は固唾をのむにちがいない。ESの殺し屋連中はトランプをどう思っているのだろう。

わが安倍はトランプに反抗しないのでお気に入りの首脳になりそうだが、自分で国を守る装備を整えろ、と迫られたらその準備はしています、とでも答えるのだろうか。なにせ、日本はプルトニウムを48トンももっている(2015年現在)。長崎に落とされた原爆6000発分である。原爆の材料プルトニウムは原発の核ゴミの再処理で生みだされる。日本は核兵器をもちたいために、もんじゅを維持してきたのである。

もんじゅは20年以上もほとんど稼働しないままだったが、政府は高速増殖炉の実用化を目指す実証炉の開発に乗り出すらしい。「日本はプルトニウムをもっているから核兵器はでも出来ますよ」とでも安倍はトランプにアピールするのだろうか。物騒なプルトニウムを貯めこんでいるのは日米原子力協定でアメリカが認めているからだ。「あなたの国が認めているのです」と威張ればよい。トランプイメージはトランプの敵メディアが形成した。

日本な対米従属の国である。アメリカから見れば無理難題でも従ってくれる子分である。トランプはゴルフのスコアをごまかすずるい男と言う声もあるから、安倍はそういうときは毅然と文句を言わねばならない。日本はあなたの縄張りではない、と開き直れと国民の1人として注文をつけておこう。



スポンサーサイト


プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する