ペン森通信
新聞記者は文春に負けて悔しくないのか
『日本人の社会病理』(山本七平・小此木圭吾/講談社文庫)という対談本を寝どこのベッドで眠り薬代わりに読んでいる。まえがきの書きだしが「戦後37年。『われわれ日本人もたいしたものだ』。だれもがなんとなくそう思う時代になった」とあるから、ぼくが新聞記者になった年に買った本のようだ。ようだ、というのはまったく記憶してないからである。内容はユ典型的なダヤ人フロイトのエディプス・コンプレックス理論からはじまる。

小此木の相手の討論者山本七平は『日本人とユダヤ人』を著したときは、イザヤ・ベンダサンという著者名だった。この著者はだれであるか、ずいぶんと話題になったが、山本の名前が知られるようになったのは、のちのことである。ヨーロッパ文化の源流に詳しく頭脳明晰なこの思想家は一種のブームとなるが、遠藤周作は「いざや、便出さん」とからかった。英語能力が高校生レベルだのとか誤訳が多いとか悪意に満ちた批判もあった。

ぼくはギリシャ神話や旧約聖書についてはほとんど知らないからペン森生が読むべき本として『「空気」の研究』を挙げておきたい。片道燃料で特攻出撃した戦艦大和を例にとって、日本人が一定の方向に流れるのは理屈ではダメなことだとわかってはいてもストップはきかず勢いは止められないまま流れてしまう、という国民性を鋭く突いている。ぼくは学生時代「日本人とは何ぞや」というテーマを3年くらい追求した。高度経済成長期、ヨーロッパへ行き日本人について連載記事を記事を書かせてもらった。

これが日本人論、ひいてはなぜ日本は戦争をはじめジャーナリズムは戦意高揚に懸命になったかに繋がるのだが、戦争体験者山本七平の以下の著作も空気の研究同様文春文庫で購入できるので一読を勧めたい。『ある異常体験者の偏見』『私の中の日本軍』『一下級将校の見た帝国陸軍』の3冊だがとくに『一下級将校の見た帝国陸軍』を推奨しておきたい。自衛隊の自殺者がときどき新聞記事になるが、軍隊がもつ特異な体質は同じだとみえる。

もとよりそれは新聞社にも通じるものがあって、いくらPCが導入されても、精神性によって形成される社風や旧態依然とした生活風土は同じである。いま『そして、メディアは日本を戦争に導いた』(半藤一利・保坂正康/文春文庫)も読みさしである。半藤と保坂は近現代史の在野の専門家だがご老体なので若いひとに厳しい。いわく、日本史をやってないから2・26事件や5・15事件を知らないと言っておきながら、その事件についての質問をしてくる、と。

要は若い記者たちの勉強不足を嘆く一方で、新聞の戦争時の商業主義を批判している。社長交代にまでつながった朝日の一連の不祥事の際、読売はここを先途と販売攻勢に打って出た。読売は部数を増やすどころか、新聞全体の部数減に拍車がかかる始末で、新聞の落ち目がいっそう明白になった。新聞の体質はもっと下品になった。朝日は調査報道班員を減らし、いまやすっかり迫力のない新聞になった。代わりに週刊文春が甘利大臣をクビにし、舛添を追放してくれた。

文春はわざわざ400円とか420円を読者が払って購入する。新聞は文春の調査報道にかなわない。新聞記者が悔しがっていまに見ていろ、こっちだって度肝をぬく独自記事を書くからな、と奮起する気配はない。文春にやられっぱなしの上に悔しがらないのだから余計に情ない。



スポンサーサイト
世界は狭い、活字文化は肩身が狭い
今週から脚などのリハビリをはじめた。本日はそのときのストレッチの反動か脚の付け根から腰にかけて重い。リハビリをはじめたのは、あまりにも動作がにぶくなったことと旅をしたいからである。緩慢な体の動きは自宅近くの公園を通過中に腕に蚊が止まって血が吸われることからわかる。「最近旅をしていますか」と卒業生によく聞かれるが、列車に乗って遠方に行くなんてとんでもない。近場のデパートに今川焼を買いに行くくらいだ。

歩行に難儀しはじめると、周りの世界が小さくなる。老人は過去についてははみ出すくらい多くの経験や情報をもっているが、その代わり現在や未来についてはほとんど無知といっていい。ぼくのPCは先週から今週初めにかけてアウトルックが不通状態だったが、自分では手の施しようがない。学生に頼むか業者にきてもらうか、ほかの方法は知らない。
ましてやスマホなんて扱いがさっぱりわからない。IT知識はゼロだ。

 ITを活用しているだけでも、若者は尊敬に値する。IT技術の進展によって、現在は第4次産業革命の時代だと言われる。ぼくが大学に入ったころ、わが家は林業を営んでいた。大学を卒業するころは細々と林業を続けていた。石炭から石油へとエネルギー革命が起こったせいで、炭鉱の坑内の補強材料として木材を炭鉱に送っていたおやじは困った。いわゆる産業革命は農業社会から工業化社会への転換だと認識している。

 現在の変革も農業→工業に近いものだろう。車は自動運転の時代になり、運転の楽しみは機会に奪われる。新聞・出版の部数減も読者がスマホのほうが面白く、あらゆる情報が簡単に入手できるからだ。新聞・出版も活字媒体だ。地方から上京して学生が1人暮らしをはじめると、新聞とは無縁になるのが普通だ。本なんて大学に入学する前から読まない。
なじんでいるのは漫画やアニメである。新聞を開く学生は「おっさんか」と笑われる。

 人工知能は囲碁・将棋を負かすまでになったが、作文は書けるだろうか。以後・将棋はパターン化された思考を人工知能が取り込んだから、人間のパターン記憶よりも知能を発揮した。作文も朝から夜までただ行動をなぞっただけの小学生の作文ならきっと人工知能は凌駕する。体験エピソードという一次情報を土台に言いたいことに結びつける思考の厚く深い作文なら、まったく個人の資質の問題だから人工知能はしっぽを巻く。

マスコミの秋の採用試験がはじまった。読売の作文題は「世界」だったらしい。良い題だと思う。ITの発達によって世界はより狭くなった。電子メールは瞬時に世界とつながる。ネット情報は一部全体主義国家をのぞけばあっという間に世界中に拡散する。世界のおもしろ動画はテレビでよく報じられる。流行も世界に浸透するまで数カ月かかっていたのが「ポケモンGO」を引き合いに出すまでもなく、もはや瞬きする間である。

読売の作文題「世界」は良い題だ。世界は情報の即時性によってますます境界がなくなり、狭くなるばかりだ。その中で保守も息を吹き返した。21日には朝日の試験日である。朝日らしさを考慮して題を予想すれば「3分の2」「沖縄」「日米関係」と言ったところに落ち着く.さてどうだろう。

死んでも若いひとの中に生き続けたい
うちから最寄り駅まで歩いて6,7分だったが、いまでは20分あっても足りない。歩きがのろすぎるのである。途中の公園で蚊にさされることも多い。蚊が皮膚にとまって血を吸うくらいゆっくりした歩調なのだ。けさも20分もあれば目的の電車に乗れると思っていたが、30分近くかかった。間に合わなかった。急げば間に合うとわかっていても決して走らない。間違いなく転ぶからだ。それほど脚が弱っている。

天皇が生前退位の意向ということだが、ぼくにはその気持がわかる。つい5年前簡単にできたことが、いまは四苦八苦してもできない。からだが思うように動かない。動かせない。天皇はぼくより4つ上だが、ぼくらの世代はまだどこかに皇太子という感じをもっている。天皇は昭和天皇だ。皇太子だった平成天皇もいつの間にか年老いた。美智子さんも皇后になってからだいぶたつ。美智子妃殿下と言っていたころの主治医をぼくは知っていた。

主治医から聞いた平民妃殿下の秘話を知っているがここでは明かせない。主治医の仲間の医師は東大医学部の出で、侍医の1人が新宿のフ―ゾクで突然死したことがあった。そのあとをだれにするかと言う医師たちの話にぼくは同席していた。もちろんそのときに出た名前なんかぼくは記憶してない。フ―ゾクで突然死と言うことは、もしかして腹上死じゃあるまいか。侍医といえども欲望ある人間だから、フ―ゾクにも行くだろう。

 当時壮年だった医師たちも生きていればかなりの高齢だ。青年だったぼくがよれよれのじじいになっているのだから、当たり前だ。ただしぼくの老齢化はスピードが速い。10数年まえの脳梗塞の後遺症を引きずっているからと自分では考えている。左半身が言うことをきかない。ろれつも正常ではない。ついにけさ妻と娘から近所に言い整形外科ができたから行くように言われた。帰宅したらたぶん予約してあるだろう。

 来週の火曜日9日から13,14日の土日まで休みをとらせてもらう。うちでごろごろしてテレビを見るだけの生活だろうが、活発に動けないから仕方ない。それでも電車に乗ってどこかに出かけたいものだ。ローカル線好きとしては長野から愛知県までゆるゆるとゆく飯田線あたりがいいね。秋田―青森の五能線は遠すぎるが、妙玲の美人若い介護者でもついて世話してくれたら考えるけどね。悔しいが1人じゃ旅も無理な体になった。

 車を手放して運転をしなくなった点も大きい。新潟へ出て、秋田男鹿半島まで北上するのがペン森生同行の定番だった。笹川流れで写真を撮り、夕日記念館によってそのまま秋田を抜けて男鹿半島へ。男鹿半島はもちろんなまはげで有名。なまはげ館に隣接する建物でなまはげの実演を体験できる。ここで屋根を突き破るような悲鳴を上げたのが10期女子。男鹿半島から八郎潟を見て庄内平野まで脚を伸ばして日本の主食コメを考える。

 ぼくも若いころは当然、50代になっても自分が高齢になって不自由するとは全く想定していなかった。生きとし生けるものはすべからく死へ向かっていることを忘れがちだ、あるいは考慮外だ。ぼくもいつの日かこの世から消えるが、若いひとの中に生き続ける気でいる。

 




プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する