ペン森通信
どこが戦前に似ているか
 ある状態には必ず終わりがある。はじまりもある。戦前の空気に似てきた、という声をよく聞くようになった。ぼくは戦前は知らないから、いまの日本の空気が戦前に似ているかどうかは実感的にわからない。太平洋戦争時、連れていた生後1年数カ月の妹を蛾死で亡くした故・野坂昭如も戦前に似てきたと言っていた。今年の年賀状にも日本や日本のジャーナリズムの危うさを危惧し、また同じ道を歩むのかと心配するひとが何人かいた。

 このような指摘は安倍政権になってからである。戦前の空気というのは国家総動員体制下にあった息苦しい時代のことをさしている。特定秘密保護法案をはじめ憲法違反と憲法学者が言った安保法案の強行採決、テレビへの電波停止発言(高石総務相)など政権・自民党に対する反発が強い。怖い時代への幕開けではないかという警戒の声が出はじめたのだ。戦前は前ぶれや予兆に一般が認識しないうちに危険領域に入り込んでしまった。

 高石早苗は総務相になる前から右寄りと思っていた。ぼくの一番嫌いな人間のタイプだ。声も顔も嫌いな女と言ってよい。どんなに嫌いであっても権力をもっている大臣である。総務相は電波法の免許権限を持っているから、電波停止発言もできる。権力で放送局に脅しをかけているようなものだ。生殺与奪の権力をもった権力者から脅しをかけられたら放送局は当然委縮する。高石は権力のおいしさを味わいつくそうとしているのだろう。

 戦前、戦中はテレビはまだなかった。言論・報道機関は新聞とラジオだけだった。国家総動員法によって、新聞紙の配給も統制され、その結果新聞は大本営発表をそのまま垂れ流すようになった。権力の意のままになったのである。こういう反省すべき苦い過去があるから、言論・表現の自由に関して、新聞は神経をとがらしているのだ。安倍や高石も戦前・戦中は知らない。高石は電波法76条に基づき停波の可能性に触れたのである。

 もちろん放送内容が反政府的で気に食わないから、電波を止めると言っているわけではないが、放送局としてはそこまで忖度してしまう。経営者がそう思うのだ。放送は許認可事業だから立場が弱い。安倍も国会答弁で高石発言を追認している。そこに敏感なひとは言論統制の匂いを嗅ぐのである。日本は憲法で表現の自由が認められている。一方、放送法4条は放送局自が努力目標とすべき倫理規範を定めている。高石は放送法を背に脅した。

 放送法4条は「政治的に公平であること」「報道は事実をまげないですること」などという規則がある。これは放送事業者がみずから守るべきルールである。ぼくの友人の岸井成格はTBSのニュース23で「安保法案にメディアはもっと反対すべき」などと発言して放送法4条違反だとして読売、産経に掲載された意見広告で個人攻撃された。岸井はあれだけ反対の声が満ちているその声を無視するなとメディアにはっぱをかけたのである。

 安保法案は来月施行される。戦後、最も戦争をした国はアメリカである、とアメリカの学者ノ―ム・チョムスキーは指摘している。アメリカから戦闘の応援依頼があったら断れるのか、このへんが不明だ。安倍政権は異論にあまり耳をかさない。では礼賛すればいいのか。これじゃ戦前の二の舞いになる。

 

 

スポンサーサイト
がんも老衰もやだね
 女房は73歳だ。結婚して50年以上になる。きれい好きでよく働くが、またがんにおかされた。これで4つめのがんである。舌がんだ。10年くらい前に口腔内のがんで入院中、乳がんが見つかって左胸を全摘出した。今度の舌がんは口腔内のがんの放射線治療中に傷んだところから発生したらしい。味覚障害がつづき、塩分に異常な反応を示していた。口の中が渇くのでどこでも水とストローを用意していた。食事中もしみて痛いと嘆いた。

 いまは切除する部分を少しでも小さくするための薬を服用しているが、いずれ切除すなわち手術入院は避けられない。性格は女房が心配性、ぼくが楽観主義である。心配性の女房はさかんに「死の準備はいそがしい」と言って、来る日のための準備をしはじめている。ぼくは、はいはいと指図に従うだけ。なにしろ相手は神経が立っているから余計なことは口にしてはいけない。口だけでなく行動も相手を刺激するから下手なことをしてはだめだ。

 ぼくはいたって健康で、たばこと日本酒ですごしていたころに比べると雲泥の差である。焼酎が体にいいとは高校生時代も知らなかった。高校生時代にも焼酎を飲んでいたのである。もちろん芋焼酎。老いて高校生時代にもどってみると、365日欠かさず飲んでいても日本酒時代よりも肝臓の数値は改善した。改善どころかかえって良くなった。がんなんてまったく寄りつかないようだし、左脚が不自由な点と男性機能が無になったことが難点。

 がんと言えば、福島の子の甲状腺がんが100人を超えた、というニュースがきょうの新聞に出ていた。福島県が18歳以下の県内の子どもたちを対象にした調査で明らかになった。これは全国の甲状腺がんの罹患率にくらべて数十倍多い。ところが原発による放射線の影響は考えられない、と。完全に否定したわけではない、にしても素人考えでは放射線の影響があっての甲状腺がんと見るのが普通だろう。親の心配はいかばかりだろうか。

 福島県の検討委員会は安倍政権に遠慮したのかどうか知らないが、なんとも歯切れの悪い報告をしたもんだ。こういう場合、因果関係はわからない、と答えるのが通り相場だが、やはり福島もそうだったか。あれから5年。もう5年かと思う。ぼくはそのときはまだ杖には縁がなかった。十数年まえの脳梗塞の後遺症が出て来るとは考えもしなかった。まあ後遺症も軽い。プロ野球キャンプ情報で長嶋を目にするにつけ軽くてよかったと思う。

ぼくは若くして母親をがんで亡くした。父親は老衰だった。がんは遺伝するらしいがぼくは父親のDNAを継いでいると思うから、老衰でサヨナラではないかと思っている。くぅ、老衰もやだね。きょう昼間同じ歳の友人が訪ねて来て言った。「けさなにを食べたかを忘れるのはいいんだってさ。食べたことを思い出せないのがいけないんだって」。頭が弱ってきて、食べたことすら忘れるようになっては、老衰のはしりだ。ぼくはけさパンを食べた。

いま16:20、これから今晩の夕食をつくるが人数の予測がつかない。20期生2人と21期生1人計3人がくることはわかっている。男子1人女子2人であるがさて、ご飯は何合炊けばいいのか。近い将来、うちでも同様の悩みを味わうことにはなりたくはないよ。

 

 


ペンラブは多いがペン婚は少ない
ペン森生同士の結婚をペンラブが実ったペン婚という。若い男女が日常的にともに切磋琢磨する生活を送っているから、ペン婚まで発展するケースは多そうだが、意外にすくない。わずか3組である。ペンラブとなるとぼくは把握できない。だが男は女に対する夢想みたいな憧れも汚れがついたままの皿洗いを見て消滅するし、女は男の乱暴さや汚さ、無神経さに幻滅する。男女とも表も裏ももろに観察できる環境がペン森である。

 ペン婚の近くまでいったケースも2組は知っている。処女を散らした女の子もいるだろうがそれは知らない。童貞をペン森の女の子に捧げた男も1人いることを知っている。不倫のケースがあるかどうかは知る由もない。不倫をしてもばれなければ、育休議員、宮崎謙介みたいに週刊文春に不倫をあばかれ、妻に平謝りして議員辞職まで追い込まれる心配もない。公的な議員でなくてよかった、と胸をなでおろした役職者もいるにちがいない。

 内定をもらって研修を受けたあと、社員として各部署に配属される若者が社員になって驚くのが車内の乱れた、あるいは自由な男女関係である。「社内は不倫だらけです」と報告に来た女の子もいた。なにしろ、あの硬派の日経も一皮むけば性の謳歌を享受していた。社長が社員を愛人にしていたのである。これも週刊誌にあばかれたが、日経記者曰く「社内ではみんな知っているのに、なんでいまごろ取り上げたのだろう」。記者も記者だ。

 週刊誌の売れ筋は出世、カネ、セックスの3点セットと言われたものだが、このところ週刊文春がテレビ、新聞が足元にもおよばぬくらい調査報道やスキャンダル報道で抜きまくっている。新聞は調査報道で生き延びようとしているのではないか、どうした!と喝を入れたいくらいもどかしい。わずかに毎日の杉本修作記者が東京オリンピック・パラリンピック担当大臣。遠藤利明の金銭スキャンダルを報じたのが目立っただけだ。

 それにしても週刊現代、週刊ポストは明らかに団塊世代の読者をねらって「死ぬまで」とか「死ぬほど」とか、セックス特集がはげしい。セックスのことで頭のなかがいっぱいになっている担当編集者がいる、と思うと気の毒で仕方がない。頭がおかしくならないのだろうか。文春がスキャンダル特ダネ調査報道で世間の注目を集めている最中に、なにをセックス記事にしようかと悩むのは本人も忸怩たるものがあろう。

そりゃ、ぼくだっていくら消化期限が切れたロ―トルではあっても、まだ女の子には興味がある。70歳をとっくにすぎたのに、かわいい子が入塾してくれたら張り切ることはないが、にやにやと嬉しい。やはり女の子は独特の雰囲気をもっている。飲食の場に女の子がいるといないのとではまるで話題が違う。女の子が参加していると、上品な話になることが多い。でも女の子はいい。最近の子は利発だから応答鮮やかで好ましい。

ペン森は飲食を提供しているので、どうしても食器洗いを伴う。まめに片づける男の子もいれば、動こうとしない女の子もいる。料理上手な男がいる一方、まるでなにもできない女もいる。夫にしたらいいと思う子に女の子はどうして興味を示さないのだろう。

優先席の老人はさびしい。
 昨夜、帰宅の電車で優先席に陣取るとつぎの駅の九段下から3人の老人が乗ってきた。4人席の両はじは30代と思しき男性が座っていたが、すぐ席を立って譲った。ぼくはもちろん座る権利があるから動かない。老人3人は並んで座って話に夢中である。互いに呼び捨ての乱暴な口のきき方から察するに高校か大学の同級生蚊サークル仲間らしい。80代と見た。酒は大してはいってないようだったが、素面でもないようだった。

 曙橋に差し掛かると「ここにフジテレビがあったな」と振り返っている。ぼくに一番近老人は「あした6時起きで仕事だ」という。すると隣り合わせの杖をついている老人が「うらやまましいなあ。まだ仕事をもってるのか」と言った。「幸福だなあ」とも付け足して「うらやましいなあ」とつぶやいて続ける。「仕事をもっているのが人生一番だよな」.ぼくはふと自転車置き場の整理でもいいから仕事があればいい、という話を思い出した。

 難関国立大を出た定年者の集まり、例によって病気自慢、薬自慢、子ども孫自慢がひとわたり終わったところでなにが一番つらいか、という流れになった。たいていは家でテレビを見てすごしている。なかには得意の碁将棋を教えてひまなしのひともいた。「仕事が欲しいなあ」と一人がもらすと「そうだよな」と賛同者が多数いた。「市役所の自転車置き場の仕事も老人がしている。「あれでも仕事がないよりもずっとまし」と嘆く老人もいた。

 ぼくは仕事がないという状況に立ち至ったことがないとはいえ、長期休暇をずっと家にいるとなるほど定年後はこんなにさびしくも退屈な生活を送るのかと、ぞっとする。土日だけでは短いけど疲労はまだ回復してないと感じることもある年齢に達したから、連続3日の休みのあと働くのが最もよい。城山三郎の『毎日が日曜日』という目標・目的を喪失した状態にさまよったあげく清原は麻薬に手を出したのだろうか。

 近所の日曜日のパチンコ店は朝から大入り満員だ。いかに無趣味のお父さんが多いかをそれで知る。ぼくはもうパチンコ、カラオケ、パチンコ、フ―ゾクは趣味ではないから、絶対と言えるほど行かない。そういう手立てで時間をつぶすのはもったいない、と思う。休日の時間つぶしは昼寝、テレビ、家事手伝い、買い物、DVD鑑賞である。DVDも1月の会員カードの更新をしなかったので古くて安いモノクロ版を買ってすませている。

 PCもスマホももってないから、近年の若者がやってることはほとんどできない。ケータイはガラ系だが休日や車内では優先席利用だからOFFにしていて、よくONにするのを忘れるからあまり役には立たない。遠慮なく優先席に座るようになったのは70代の後半になって杖に頼る身になってからだ。60代は逡巡していた。70代前半はばあさんを見かけると優先席を立って席を譲ったものである。

 朝遅い電車でペン森に向かうが、優先席に座って足を投げ出している大学生のような若い男がいる。必ずスマホをいじっている。いったいなにを見ているのだろう。「おい、新聞を読め」と言いたくなる。でもこいつらは新聞は読まない。優先席の年配者は新聞を読んだり、ポケット版の本を手にしていることが多い。

 

 

NHK体質に染まるなよ
毎日新聞の社会部警視庁担当にM田という記者がいた。かれを訪ねてNHKの幹部がよく挨拶に来た。かれは身内にNHKの関係者はいないし首をひねったが、ははん、ぴんとくるものがあった。同姓の社会部記者の父親がNHKの会長になった。M田違いだ。その会長はのちに「天皇」と呼ばれるほどの権力者だった。新聞社では社長の息子に挨拶する幹部なんていない。さすが出世主義がまかりとおるNHKだと納得した。

 NHKの会長は以前、朝日新聞と毎日新聞出身者が代わり番こに就いていた。いまの会長籾井勝人はメディアとは無関係の民間からの起用である。就任の挨拶だったか「政府が黒と言えば黒だ。白とは言えない」という意味のことを言った。その政権べったりのところがすこぶる評判を落としている。籾井が頼みとする官邸もNHK内反籾井派と手を組んだ、ときのう雑誌『選択』の新聞広告コピーにあった。

 官邸も籾井にさじを投げたという週刊誌の記事も見た。いまや籾井は四面楚歌の感じだが、だれも同情しない。けさの毎日朝刊でも2日の自民党総務会でNHK解説委員に「偏った考えをもったひとがいる」と発言したことを認めたという記事があった。一部の議員が「解説委員が無責任な評論家やコメンテーターのような発言をしている」と個人名を挙げて指摘したのに対し籾井が同意を示して答弁したらしい。

 新聞には論説委員はいるが解説委員はいない。社説を書くのが論説委員である。社論という意見を述べる立場である。放送には「政治的公平性」という放送法の縛りがあって、意見はひかえさせられている。放送法をめぐって政治的公平性とは「放送局の番組全体で判断するもの」とされるのが一般的である。でもNHKは予算を自民党に握られているから、おのずと政権党にすりよってしまう体質が染みついた。

 籾井がなぜ自民党の総務会に出席していたかと言うと、2016年度の予算案の説明のためである。自民党総務会はその予算案を1月29日、2月2日と了承しないで見送っている。NHK職員のタクシー券不正使用など不祥事が相次いでいるのに、いっこうに解決策を示していないからだ。二階俊博総務会長に「その都度、反省するとか言ってはいるが」と籾井は直接言われる始末である。籾井は当然、首筋が冷たい。

 けさ地震があった。NHKにチャンネルを回したひとも多かっただろう。ぼくはそうだった。そのまま朝ドラまでつづけたのは、AKB48の主題歌を聞くためであった。災害報道はやはりNHKだ。選挙速報はNHKかテレ東。Nスペもすばらしい。日曜日のダ―ウインも好きだ。若いひとはNHKは見ないというが、年寄りはチャラチャラした民放より好みに合う。政治向きの話は籾井が首になっても選挙速報以外見る気はない。

 ペン森はNHK記者、ディレクターの供給源である。いままで40人以上も送りだしている。予算の了承を政権党からえなければならないということからもわかるように国営放送的なところがあるから、決してつぶれない。その代わり息苦しい。ストレスからか不祥事も多い。ペン森出身者よNHK色に染まるな!

 

 

週刊文春、調査報道のあっぱれ
 児玉誉士夫をしきりに考えてしまうのは、甘利明の辞任のせいだ。故・児玉は知ってのとおり、右翼の大物だった。なにかもめごとがあると呼ばれて、ただ席に座った。もうそれだけでもめごとは収まったらしい。座っただけで仲裁になった。もめごとを続けると「恐れ多くも先生の顔をつぶした」と言うことになった。黙って座っているだけで仲裁代最低50万円。ずいぶん前の話だから、50万円はいまの3,4倍はしただろう。

 その点、甘利がポッポにいれたという50万円とはちょっと額がちがう。甘利はどうしてあっせん利得処罰法に問われないのだろうか。新聞でその疑問を呈している記事を見たことがない。問われてしかるべきだとぼくは思う。甘利に対してかわいそうとか、潔いとか同情論もあるようだが、あっせん利得を得たわけだから、だから週刊文春も取り上げたわけだ。罪を犯したことは間違いない。罪はやはり平等に負わせるべきである。

 甘利の秘書とUR(都市再生機構)の職員は接待を含めて2013年から今年1月まで12回も居酒屋で面談していた。UR職員は公務員に準ずるみなし公務員である。千葉県の建設会社とURの間で道路新設工事をめぐってもめごとがあり、建設会社の総務担当者が甘利の秘書に相談した。秘書は横浜のUR本社で総務担当者と面談する。その後交渉が決着、建設会社の社長らが大臣室で甘利に2013年11月14日現金50万円を渡す。

 甘利事務所および甘利の介在が口利きとされたことになるが、URの公表によると口利きはなかったと否定している。文春報道では秘書らが「顔をたてろ」と言い、口利きを迫ったが、UR側は1日、秘書は迫られる感じではなく、紳士的だったと説明している。文春は口利きがあったと主張し、URはなかったと否定している。だが独立行政法人のURに対して東京地検特捜部が1日、事情聴取を要請したので口利きの有無もわかるだろう。

 政権側はこれで一件落着と幕引きをしたいところだろうが、秘密事項の多いTPPの内容はこれまで折衝してきた甘利だけが精通しているとされるので、後任の石原伸晃で務まるか不安が募っているらしい。石原は環境相をしていた14年6月、原発の汚染土などを受け入れる中間貯蔵施設をめぐる地権者との交渉後、「最後は金目でしょ」と記者団に言った。この米共和党トランプ以上の発言に被災地住民は怒った。金目とはカネのことだ。

 以上、週刊文春、週刊朝日、毎日新聞、TBS報道の寄せ集めで構成してみた。ぼくが考えるのは、このような江戸時代みたいな、あるいはやくざみたいな口利きがまかりとおっている日本の政界の古くさい汚さである。これを週刊文春に抜かれるとは新聞はどうした、と言いたい。週刊文春はよくやったと思う。新聞が見習うべき、完璧な調査報道であった。文春はこの口利き疑惑を昨年8月から追っていたと最新号で書いている。

 新聞も、とくに朝日新聞はこれからは調査報道と標榜していたが、吉田調書問題で頓挫した、30人いた調査報道班を10人に縮小したという。いよいよ新聞の末路哀れという様相を見せてきたようであるが、ペン森卒業生はマスコミ界に入って調査報道の力量を示してくれるはずだ。

 



プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する