ペン森通信
袴田事件と小保方STAP疑惑
 えん罪の疑いのある事件として袴田事件のことはだいぶ前から知っていたが、といってなにをすることもなく傍観して、やがて忘れ果てていた。それがきのうの裁判で静岡地裁は証拠捏造の疑いありとまで踏み切り、逮捕から48年近く身柄を拘束していた袴田死刑囚を東京拘置所から釈放した。弁護側、検察側が依頼したDNA鑑定と証拠開示のおかげだ。新聞から袴田巌死刑囚の死刑囚が消え、マスコミは袴田巌さんと表記しはじめた。

 袴田事件が起きたのは1966年6月である。ぼくが新聞記者になって5年目をむかえたころである。そのときばくは東京の社会部員になっていたが、当時は警察に逮捕された段階でもう呼びすてであった。「・・・の疑いで逮捕した」という表現ではなく、いきなり「強盗罪で逮捕した」とずばり警察の発表どおり単刀直入に罪名をあげて、容疑者を呼びすてた。いまのように「・・・の容疑で」という人権に配慮した表現はしなかった。

 裁判所に証拠捏造とまで決めつけられ、「捏造する必要と能力を有するのは捜査機関のほかにない」と指摘された以上、静岡県警は直ちに検証すべきだろう。「捏造する必要」とはどういうことか。捜査機関たる警察が自らに都合のよいでっちあげをした、ということだ。それは推測すれば取り調べ段階における自白の強要と、検察が犯行当時の着衣のパジャマとしていたものを公判開始後に発見された5点の衣類に変更したことの2点である。

 当時、ぼくが静岡支局に赴任していて警察司法担当であったなら、おそらく警察の言い分を鵜呑みにしていたであろう。各社の静岡支局でこの事件を書いた記者はまだ生存しているはずだ。口をつぐんで黙りつづけるか、釈放された自由な個人をいまだ犯人と信じているかである。記者がなんの疑いもなく信じるくらい、警察と記者は親密友好な関係にあった。地域の人たちは釈放された自由人をはたして友好に受け入れるであろうか。

 そのような心配をするのは人間の思い込みの強さは水を流すようには消えないということだ。足利事件の解放された自由人をいまだに真犯人と主張する捜査員がいるのは、捜査の過程で生まれた思い込みが固定観念になっているからだろう。じつは袴田事件の捜査当局による証拠捏造を小保方晴子STAP細胞スキャンダルに結びつけたひとも多かったのではと思う。ぼくは、博士論文もSTAP論文も捏造では、と疑っているのだ。

理化学研究所、ハーバード大学、論文採用が厳しい世界の権威たる専門雑誌『ネイチャー』に間違いはないという権威への信頼を毛ほども疑わなかった。ましてや、あんなかわいいかっぽう着のリケジョが嘘を言うはずがないという幻想も重なった。各マスコミもそうだったにちがいない。それにしても小保方晴子はかわいすぎる。マスコミは早稲田出身者が多いから、よけいにバイアスがかかっただろう。権威と女にだまされるな、だ。

これで袴田自由人は無罪が確定したわけではない。東京高裁でふたたび審理される。検察側が参りました。裁判長のおっしゃるとおりです、と頭を下げたのではなく、つぎの舞台へ問題を持ち込むからだ。ぼくは東京高裁で検察は無罪を主張するかもしれない、と思っている。するとその時点で一件落着。権威、捜査当局、思い込み、女はこわい。

 

スポンサーサイト
混浴温泉は混浴銭湯の名残か
大学時代は世田谷の経堂にある親戚の家に下宿していた。徒歩10分足らずのところに銭湯があって、風呂はそこを利用していた。真冬になると、洗った髪の毛が凍りついていることも多かった。料金はいくらだったか、まるで記憶にない。貧乏学生の身で週に4,5回は行ったからそんなに高くはなかっただろう。銭湯がごく普通にそこかしこにあった時代である。かぐや姫の『神田川』(1973年)より10年以も前の話である。

銭湯のことを思い出したのは毎日の昨日の朝刊に消費税増税がらみで銭湯の記事が載っていたからだ。ただでさえ銭湯は家庭風呂の普及によって減少しつづけているうえに、燃料の液化天然ガス、重油高騰の追い打ちをかけ、消費税増税でさらに打撃を受けることになる。全国の銭湯の半分が入浴量の値上げを考えているという。東京には昨年3月現在、銭湯の数は733、逆に1つしかないのは、山形、島根、佐賀。沖縄は2つだ。

ヒッピーがはやって若者が長髪になったころ、洗髪に大量の水を使うようになったことで入浴料が値上げされたことがあった。70年台である。そのことをぼくは記事にした。たしか取材した経営者は「番台に座っていると長髪がはいってくるたびに舌打ちしたくなる。長髪が蛇口からお湯をそれこそ湯水のようにじゃぶじゃぶ流して頭を洗っているとなおさら腹が立つ。値上げさせてもらわんと」と怒り狂っていたことを思い出す。

16期生だったか、作文の題材がすべて銭湯という受講生がいた。それはぼくが「お前は銭湯以外を書いてはいかん」と言ったのが大きいのだが、かれはほんとに銭湯が好きだった。若い後継者、名物女将さん、燃料調達、富士山の背景画を描く絵師、熱い朝風呂愛好会、銭湯のマナー、本日廃業する最後の湯、東京の銭湯の変遷と毎回銭湯ネタを拾ってきた。このおかげでぼくは富士山の背景画を描く絵師はもう2人しかいないことを知った。

かれはマスコミのどこにも内定しなかった。もし作文が評価されなかったとすれば、銭湯をめぐる人間模様を描く力が不足していたのだと思う。銭湯に関する知識を披露したり、事典的な説明記述が多かった。これはかれの特質みたいなものだから、大学院にでもすすめばよかった。事実、教授から調査能力を認められて大学院への進学を進められたと聞いた。かれは童貞だった。いかにも弱よわしい印象が草食化を倍加させていたのは残念。

ぼくは女子と温泉旅をすることがある。貸し切り風呂にはいることもあるし、混浴露天風呂を楽しむこともあった。江戸時代の銭湯が混浴だったことが知られているが、風紀上の問題で禁止される。それでも長年の風習はなかなか改まることはなく、庶民に嫌われものの老中、水野忠邦の天保の改革で浴槽の中央に仕切りが設けられ、男女別が実行された。だが、男女入り込み湯を止めない業者が営業停止処分になるのは明治にはいってからだ。

いまや、さすがに混浴銭湯は姿を消したが、温泉の混浴文化は東北を中心にかなり残っている。大雪で有名な青森の酸ヶ湯はとりわけ名高い。ぼくも数年前に利用したことがあるが、しなびたおっぱいを垂れ下げたばあさんたちの天国だった。酸が強く、皮膚の弱いぼくは1週間皮膚をやられてかゆくて悶々とした。





若者よ志をもってくれ
歌は世につれ世は歌につれ、という成句は世の中の状態が歌に表れるということだが、最近の世の中の変化というか進化のスピードはすごい。歌では間に合わない。進化は好ましい方向に進んでいると思いたいが、とんでもない。日本は壊れて行く途上にあるのではないかと思う。ペン森生の作文に最近「ぼっち飯」という単語が出てきた。ひとりぼっちで飯を食うことをさすらしい。高2で体験した「援交デルヘル」を書いた女子もいる。

 「ぼっち飯」は「トイレ飯」と似たようなものらしい。大学生なら入学したてのまだ友だちのいない時期、学食に独りで座って昼食を摂ったり、キャンパスのベンチに腰掛けて「ぼっち飯」を食う。それを見られるとたまらなく孤独感を味わうらしい。ただし「ぼっち飯」現象は、大学生は少なく中高生のあいだに多いという。グループから疎外されてひとりさびしく、昼食を食べている状態を意味する言葉だとペン森生から聞かされた。

弱いメダカは群れたがる、という言葉もあるが、若者は群れに入ってないとこのうえなくさびしいという。さびしそうに他人から見られることを恐れている。間もなく真新しい濃紺のスーツをきた新入社員が街にあふれるが、かれらの大半はグループをつくって集団で行動する。まだ気を許せる仲間がいないあいだは気が合う仲かどうかの選別をしているのかもしれない。そのうち特定のランチ仲間や飲み仲間ができるが、できない者もいる。

近年のテレビ女性記者は美人が目立つ。配置されるのは警察、司法、国会、官庁などである。お堅いと見られる人種も一皮むけば、ただのすけべおじんということをメディア側もよく承知している。敵と仲間になればいいのだ。ぼくも若くてかわいいセールスウーマンが来たら、やはり余計な口をきいてしまう。そこがねらいの美人記者起用である。実際、あの記者は女をフルに使って特ダネをとる、という陰口がきこえてきたこともある。

会社の上司に加えてネタを仕入れるため警察高官とも関係をもち、困りはてて相談に来た女子もいた。うわさにならないように特定の関係を持続すれば、けがしない。しかし、ばれると、烙印を押されて信用されなくなる。「ぼっち飯」ははじめてきく言葉だが、「援交デルヘル」は耳にした。ペン森OBに1人暮らしの無聊を癒すためにデルヘルをホテルに呼びつけているという記者がいる。こうして暴力団が資金源にしている売春に加担する。

若者の世界はどんどん不健康になってゆく。ぼくらの若い時分には上り坂の未来に希望の光があった。村上龍が言うように「日本にはなんでもあるが、希望だけがない」という言葉を現代の若者に照らして考える。ぼくは所得の確定申告を今年は早めに済ませた。年収は300万円にとどかない。だが、ぼくら老人にはストックがある。持ち家もある。新しいものを買う必要性をほとんど感じない。靴や衣服や帽子は何年も使いつづける。

今年の春闘は大企業のベアが目立ったが、4割を占めるまでになった非正規労働者は置き去りだ。ベビーシッターに預けた2歳児を亡くした母親は無職だった。アルバイトで食いつないでいた。せめて子育てが安心してできる社会の実現のためにペン森生は志をひとつにしてくれ。それが自分の健全さや将来への希望にもつながる。






 

パチンコ店の開店前に並ぶ男たちは何者?
 このところ、帰りの電車は21:38神保町発に間に合っている。自宅までざっと1時間だから、駅に隣接しているパチンコ店の閉店時間の直前にパチンコ店の前を通ることになる。23:00近くになると、腰の長い客が引き揚げる時間帯だ。10:00の開店時には開店を待ち切れずに数十人が並んでいる。定年をすぎたらしいおじさんだけでなく若い者も混ざっている。女性もいるにはいるが初老のおばさんがほんの数えるほどである。

 若い男たちはどういう種類の人間なのだろうかと、並んでいる列を見るたびに思う。たぶん非正規か、非番の勤め人か、休日に当たる店員か、ひまな学生ではあるまいかと推察している。たいてい無精ひげを生やして顔色が冴えず、疲れているように見える。要するに覇気が感じられない。みんな知り合いや友だちはいないようで黙って開店を待っている。店が開いたらパチンコ台の前に座って黙々と玉の行方追っていつのだろう。

ぼくはスーパーで買い物をするのがウィークデ―なら火木と決まっている。電車の都合でスーパーの10:00開店とほとんどずれもなく入店するので、パチンコ店の賑わいを横目にしている。大昔、ぼくもパチンコをやったことがあるが、それは左手の手のひらに玉をもって、投入口に入れてすかさず右手ではじいて、玉を台の下部から上部にばね仕掛けで送りだす古典的なものだった。これは玉をはじくこつが難しくおもしろかった。

それが右手でダイヤルを回して固定する自動になったのは、ぼくがパチンコをやっていた最後のころだったように記憶する。30年も前にさかのぼる。ぼくはその後パチンコはもとより、ゲーセン、カラオケ、ラブホ、女性のいるバ―などのカタカナ娯楽施設には一切行かないが、単にこれは趣味の問題にすぎない。ぼくらのパチンコは景気のいい元気な『軍艦マーチ』とともにある。いまは流れてくるのはAKB48の歌声である。

前に勤めていた出版社に失業中パチンコばかりしていた、という男がいた。いわゆるパチンコプロで稼いでいたのだ。ペン森にも10年前きょうは4万円もうかった、という男子がいた。いまペン森でパチンコに夢中になっている男子はいない。小保方晴子ピンチでは盛り上がるが、パチンコは話題にもならない。ぼくはパチンコほど無駄無益な時間を過ごすものはない、と思っているが、有益に感じているひともいるにちがいない。

帰宅の途中、パチンコ店内を覗くと店員がまだ残って要所要所に立っている。「ありがとうございました」という声が店外に漏れてくる。男子はすねを出し、女子は短パンである。大雪のときもすねだし、短パンには変わりなかった。従順な定員たちである。周辺の雪かきにも男子は精をだしていたから、教育はしっかりしているようだ。土日には店の正面で馬のお面をつけた男子店員が台の上で呼び込みの踊りをくねくねとしている。不気味だ。

本日もうまく運べば、23:00前に帰着できる。シャワーを浴びて左足に遠赤外線を照射しながら、NHKの『NEWS WEB』を観る。橋本アナが好きだからだ。この女子アナは丸顔の感じが小保方晴子に似ている。ぼくは小保方ファンでもあったからこのたびは残念でした。

同性愛よりも異性愛だ、ぼくは。
 作文の直前特訓は予想どおり2日目までは受講生が多かったが、3日目から少なくなった。ネタ不足による息切れ現象は例年と変わりなかった。もっとも風邪やインフルエンザによる欠席も目立って、これは例年にないことだった。寒気団の居座りによって、寒さがきびしかったので、それに負けた若者もたしかにいたのであった。ぼくは元来、風邪をあまり引かないし、インフルエンザの予防接種も毎年欠かさず受けている。

 3日目に「日本の宿題」という課題を出した。高齢者対策、少子化対策、若者の貧困化対策、待機児童対策とか書いてくるだろうと考えていたが、見事に空振りだった。思いがけなくもまったく頭になかったことを書いた若者が男女1人ずついたのにびっくりした。同性婚を賛成の立場からとりあげていたのである。ぼくは異性婚信者だし、結婚しても男性の草食化傾向からくるなど細々と前途哀しい子孫の数に憂えている老人だ。

 近年の出生数は12年の統計によると103万7101人である。女性が生涯に出産する数を平均した合計特殊出生率は16年ぶりに上昇して1・41となった。一方、死亡数は125万6254人だから、差し引き相変わらず自然減の人口減少がつづき、暗澹たる気持ちになる。16年ぶりに1・4台に回復した合計特殊出生率は団塊ジュニア世代(71~74年生まれ)の30代がこの際とがんばって子どもを産んだからだ。

 大都市では女性の第1子出産年齢は30・3歳。いわゆる晩婚化である。20代の早めに第1子を産むのが当然とされた時代は去った。ぼくは26歳で結婚した。妻は大学を出たての4月まだ22歳だった。子どもは女の子2人で、二女は結婚する気はなく独身。長女だって子どもは女の子1人にすぎない。これでは人口減にぼくの家系も手を貸していることになる。このままいくと3000年後には日本人はゼロになるという人もいる。

 ぼくは異性であれば、年齢差婚でもかまわないと思っているが、仮にぼくが50歳下の20代女性と結婚しても人口減には変化がない。ご存じのとおり、ぼくは子種がないのである。ぼくのような自然消滅は計算外として、セックスレスの増加はどうしたことか。何年か前に慶応大学の医学部が、同じ大学の体育会と違う大学の体育会の学生に頼んで精子の数を調べたことがあった。2大学とも子どもを産ませる能力ぎりぎりだったらしい。

 あまりにも悲観的な結果だったがゆえに公表はされなかったというが、将来の生産人口減は日本の大問題である。結婚しても子沢山が期待できないとしても、若者は早く結婚すべきである。ところがぼくら若かった時代のように、夫の収入で家族を養える経済力はない。若者は非正規労働にあえいでいて、年収200万円かそこらで結婚は無理だ。生産人口を増やすのが急務とすれば、今春闘で正規だけでなく非正規の収入増も図るほうが先だ。

 同性婚を認めるのは時代の流れだろう。愛の形態がそれだけ変化しているのだろうが、動物の世界にも同性愛はあるのだろうか。ペン森にはぼくを触る男性が2人いる。ほんとに異性間愛の身には気色悪い昨今です。


 

 






プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する