ペン森通信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面接官にも人間性を求める
 新年になると「謹賀新年」と前置きして長いメールが届いていたひとから、今年は来なかった。どうしたのだろう、偉い医学者だから健康を損ねるようなことはなく、元気だろうと心配もしてなかった。ところが昨年11月10日に亡くなっていた。東大の医学部長をしていたとき知り合った鴨下重彦博士である。東大退職後は元国立第一病院、国立国際医療センター総長に就いたあと、下町の小さなキリスト教系病院院長になり驚かせた。

 鴨下は北海道室蘭から1952年、2人の友人とともに大学受験のため上京する。鴨下は東大医学部に、他の2人は東大法学部と横浜市立大学に進む。小児神経学の権威となっていた鴨下が医学部長の際、ぼくに他人の著作の巻頭言やエッセーの添削を横浜市立大卒の友人Hを通じて頼んできた。鴨下は、学術論文以外の文章は不得手だと謙虚だった。それ以来20年のつきあい。ぼくが病気なったら、鴨下の人脈にすがるつもりだった。

 鴨下は、ぼくより4つ上だ。前立腺がんで77歳にして逝くが、もっと生きていてほしかった。横市立大卒のHは河合塾の幹部でぼくが40代のころに取材で知り合い、お宅に伺って飲むほどになった。もう一人の東大法学部卒は文部事務次官に上りつめたそうだが、ぼくは面識がない。鴨下は学生時代セツルメント活動をしていたと東大前のレストランでごちそうになったとき語っていた。キリスト教に学び、その際、内村鑑三を話題にした。

 カトリック教会の信徒代表を務めたりしたHとは気が合う仲に見え、ぼくも仲間に加わった。3人でしばしばゴルフにいったが、鴨下はグリーン上でパターを縦にして時間をかけたが、カップを大きくはずし、まれに見るへたくそだった。その当時ぼくは三菱パジェロの3Lショートに乗っていたが、鴨下はやたら運転をしたがった。飛ばし屋だった。走りながら「この赤いのなに?」と聞くので、見るとハンドブレーキを解除してなかった。

 泊まりがけで行った宿でテレビがサッカー中継をしていた。延長戦でも勝負がつかず、PK戦となった。鴨下は「残酷だなあ」と一言。なにがなんでも決着をつけるのではなく、引き分けにして両方に栄誉を与えたら、という心境だったと思う。鴨下は争いごとの嫌いな優しい無私の人格者だった。「東大の医学部生はどこかおかしい。面接重視の入試にしなければ」と言っていたのも、医師は人間性が最も大事だと考えていたからにちがいない。

 高校時代の同窓3人のうち東大法→文部官僚のその後を知らないのが残念だが、横市立大卒のHは77歳になっても、細君とは恋人同士のようにアツアツぶりだ。鴨下はもうこの世にいない。同じスタートでも、紆余曲折を経て、だれしも終末を迎える。ペン森17期生もそろそろESがはじまるが、人生航路の航海に乗り出すのはまもなくである。海は広く、深く複雑だ。よき船長や船員仲間との出会いに恵まれ、荒海も乗り切ってほしい。

 おととい、四国八十八か所を歩きとおした17期生が帰京してきた。朝6時に起きて白装束に着替え7時に歩きはじめるという毎日。かれは16期からのスライドし就活2年目だが、こんな感受性に満ちた活動的な若者を採用側はどうして見逃し、不採用にしたのだろう。必死に就活をする若者を見るにつけ、採用側の人間を見る目の劣化が許せない。鴨下は医学部受験に面接の重要性を力説したが、面接官に人間性がなくては効果もない。


スポンサーサイト
『限界集落株式会社』は奮起小説
題名にひかれて小説『限界集落式会社』(黒野伸一/小学館)を買った。昨年11月30日初刷りなので、いままで知らなかったのは不覚である。題名もいいが、3・11後から9カ月たって被災地を訪ねて以来、中央集権の無力、限界を強く感じるようになったことが大きい。中央政府の無力を目の前にして地方の主権確保こそ日本再生の有効策だと考えが傾いてきたのである。

 被災地を車で案内してくれた卒業生の地元銀行新人が、被災地に仕事を見つけて働こうかと思う、という意味の相談をしてきた。ぼくはやめとけ、と一言ではねつけた。被災地転勤を希望し、再生に熱心な人物に融資してサポートしてくれれば賛成するが、先行き不安定な道を選ぶのはあまりにも無謀だ。きみの若い可能性を被災地にぶつけてみな、とどうして言わなかったのだろう。

 その悔いをずっと引きずっていた。折から、東北の地方紙に勤めている卒業生の女性記者が退社した、という話を耳にした。感性の鋭い善良な彼女がどうして、と首をかしげた。福島出身の彼女の年賀状に「食と農のライターになる」と添えてあって納得。彼女は単科大学から社会学を専攻すると言って、4大に編入した。提出レポートに書く本はなにがいいか、と助言を求めてきた。

 ぼくは見田宗介『現代社会の理論』(岩波新書)を勧めた。彼女は特待生として卒業し、大学から10万円の報償を受けた。5万円を親に、残りの5万円をぼくにもってきた。ぼくはせり上がってくる感情をとめ切らず、その場で号泣した。「先生、そんなに泣かないで」と彼女は困惑気味だった。「食と農」は地方に根づいて、都市やいのちを支える。現代をえぐるナイフのようなテーマだ。

 ペン森の某くんが地元に帰って地方政治家をめざすという。冗談かもしれないがぼくは本気にとって、ぜひやってくれ、とせきたてた。若い連中が地方議員から村長町長市長となって、地方をかきまわし、それが中央にまで波及すれば日本はだいぶ変わる。大阪市長橋下徹人気の根源にはそれと相通じるものがあるだろう。某くんのホンネが奈辺にあるのだろうか、それを知りたい。

 評伝によると、村落の凋落を止め、地方を勃興させることが日本の生命線だ、と力説したのは明治の知の超人、南方熊楠である。発展途上国型の中央集権というシステムは、民間に対する許認可権を活用して高度成長には力を発揮したが、下り坂のいまは権限を手放さないことに執着して、かえって機能不全に陥っている。国の縦割りと前例主義による対応不能が復興を遅らせているのだ。

 『限界集落株式会社』は、まだ半分も読了してないが軽いタッチの小説。だがかねて疑問符をもっている重いキーワードが刺激してくる。「農協」「自給率」「交付金」「農薬」「コメづくり」。この本は「食と農」の女性ライターはもう読んでいるかもしれないが、独立のプレゼントにしようか。奮起してくれるだろう。自給率も生産ベースでいえば世界5位だ、地方復活のために自由な立場で中央政府の欺瞞を暴いてほしい。

天下国家のために小沢一郎は去れ
 最寄りの駅へ行く途中、車内で読む本をリュックに入れ忘れたことに気づいた。不本意ながらきのう発売の『週刊文春』と『週刊新潮』を買ってしまった。720円。これで個人的な週刊誌不買声明はもろくも瓦解した。両誌とも大した目玉記事はなく、そろって記事に仕立てているのが野田改造内閣と小沢一郎証言。『週刊新潮』の「嘘に始まり嘘に終わった『小沢一郎』証言」がおもしろい。元筆頭秘書が小沢の独善ぶりを赤裸々に語る。

 ぼくはかつて、小沢総理を期待していたことがあった。いまとなっては恥ずかしい。小沢に期待したのはその剛腕による政治改革だった。小沢は田中角栄、金丸信を師とするが、田中も金丸もカネの問題で失脚してゆく。2人の薫陶を受けた小沢もまた不動産という蓄財で指弾を浴びる身となった。1月10、11日の被告人質問で小沢裁判は実質的な審理を終えたが、土地購入4億円の出どころを秘書に責任転嫁して逃れようとした。

 国会の喚問ではなく、すべては裁判で明らかにしていく、といっていたのに「私と信頼関係のある秘書の自由裁量にまかせ、関心もなかった。私は天下国家のことを考えるのに集中し、秘書の仕事に関心をもつ物理的、心理的な暇はなかった」と証言した。4億円を現金でもつことの不自然さを問われると「自分の懐のことをとやかく非難されることはない」とはぐらかした。小沢という政治家はじつは姑息な男だった。

 一時、小沢神話に洗脳されていたぼくだが、検察が不起訴にしたのはもしも小沢が権力の座につけば、人事による報復を恐れた結果かもしれない。裁判員が起訴にもち込んだのはまさに国民感情の反映だった。ぼくも有罪を視野に入れた起訴は当然だと思った。『週刊新潮』掲載の元筆頭秘書の回顧によると、「4億円も預けたあとは(秘書に)まかせていた」という証言はまったくの嘘。小沢は自分のカネは4円すらまかせないと振り返る。

 秘書と信頼関係があった、というのも真っ赤な嘘で実際は、主と下僕の主従関係だったらしい。小沢は元筆頭秘書に言った「秘書は使えるだけ使え」と。元筆頭秘書が仕えた20年のあいだに小沢の命令でクビになった秘書は15人以上という。「実印や通帳を初当選の頃から秘書が自由に使えるようにしていた」という証言も嘘八百。元筆頭秘書は実印、通帳は見たことも使ったこともない、と力説する。たぶん、そのとおりだろう。

 小沢は1月3日、はじめて地元岩手の被災地を訪れた。「なんでいまごろになって」というのが地元のひとたちの感想だろう。選挙が近いから地元に顔をだしたのかもしれない。小沢は被災地の地元に対して冷淡に対応してきた。地元で「官僚支配を打破し、地域主権を期さなければならない。震災はそのチャンスだ」と熱弁をふるった、と伝えられる。脱官僚支配、地域主権にはぼくも賛成だ。しかし、いま被災者に向かって言う言葉か。

 恨みつらみが強い一方、まだ小沢待望論もあるらしい。でもかれはどんな政策をやって、どのような政治理念をもっているのだろうか。結局は政界をひっかき回しただけの政局屋だったのじゃないか。日本の政治の劣化は小沢の存在がひとつの要因だったのかもしれない。こんな人間は政界から去ったほうが、天下国家のためだ。

      

17期は女子だけでも20人
 ペン森はきのうの体験女子受講生2人とも入塾の予定なので、これで来年の内定をめざす17期在籍者は28人となる。あと男子1人女子2人の入塾希望者がいるので、都合30人に達しそう。16期生で武運つたなく内定に至らず継続受講するのか、しないのか曖昧な連中は名簿からはずしているが、それでも受講生が多い。いま男女別では女子20人、大学別では早稲田10人。

 ES提出や本試験直前になると、週2日間の受講どころか、何人かは昼間からはほぼ連日来る。ぼく1人ではとても対応できないからES点検の応援を卒業生に頼むことになる。朝日、読売、毎日、共同、NHKの現役パリパリの手をわずらわすのが通例。ペン森の卒業生はみんな後輩思いで、いつも後輩のことを気にかけてくれる。あまり好きな言葉ではないが、絆で結ばれている。

 ひととひとの出会いほど人生のふしぎはない、というが、宮崎県の山村で少年時代をすごしたぼくがいなければ、ペン森も存在せず、見知らぬ同士が出会うこともなかった。ぼくはペン森生の結婚式に出席するたびにえもいわれぬ感激にひたることが少なくない。ましてやペン森生同士のカップル、いわゆるペンラブの結果みごとにゴールインした2人を見ると、余計にその感を深くする。

 さて2月18,19,20日は17期生の合宿だ。17期生の参加者は23,4人と見込んでいる。この後輩たちは16期の内定者が個別、志望別に世話をやくことになる。メニューは作文2~3本、ES点検(ペン森仕様もしくは第一志望本番用)、ESを基にした模擬面接、集団討論、セールスポイント(自己PR)個人別発表と朝から夜まで、山盛りてんこ盛りだ。

 全合宿人数は、今年は30人超と思われるが、3,4期前は40人規模だったことを思えばペン森人気の衰退より、マスコミ人気の陰りが明白。ぼくはマスコミに100人送りだしたらペン森を閉じるつもりで開設した。ところが1期生こそ9人とまあまあだった内定者が2期生は31人と激増し、3,4…13期生まで30人近い内定者が出て、閉めるに閉められなくなった。

 昨夜、電車でいっしょに帰った女子はなんと20歳、ぼくとは53歳もちがう。17期女子はかわゆい系や美系が多く、しかも日本酒好きが目立つときているから、たまらない。ぼくはペン森をいつ閉鎖するか、あるいはだれに委ねて継続するか、と考えているが、孫みたいな女子に囲まれてニヤついているうち、またタイミングを失して20周年までもつれそうな流れとなってきた。

 20周年を迎えるときぼくは76歳になっている。大学4年生になる実の孫娘とはまだ旅をしているだろうが、孫みたいな他の女子はもう旅友にはなってくれないだろうな。介護の練習台にしてくれてもいいんだよ。



酒なくてなにが己の人生か
 きょうも医者通い。頭部CT撮影の結果を聞きにいった。ちいさな脳梗塞が頻繁に起こっているそうだが、異常があるというわけではない、という診断。要するにこれまでと変わらない生活でよいのか、安心してしまい、いまだに働いていて夜は大飲酒をしているとついうっかり言ってしまった。するととたんに医者から懇願された。「せめて週3日か4日、1日1合にしてください」。つまり週のうち半分は飲まないように、という警告だ。

 たばこを吸っていたころは、酒は止められるけどたばこは無理だ、と公言していた。たばこは脳梗塞で入院したとき、あっさり止めた。たばこ、酒、女、と男の三大楽しみでいえば、ぼくには酒だけが残っていた。酒を抑制すれば男が復活して女についての享楽が倍増するというのであれば、まだ禁酒も我慢できる。1日1合なら飲まないのと同じだから、これじゃ、ぼくには人生の楽しみはなにもない、ということになってしまう。

 ぼくにとっては劇的な変化を要求されたのである。この病院ではヘルペスの手術をした際、外科医にこのままいったら、あなたは近い将来、重篤な病気になりますよ、と警告され、まもなく脳梗塞になったという経緯がある。医者の予告は当たるもんだ、としきりに感心した。きょうの頼りない内科医といえどもばかにはできない。ブログで書いた自走する足はいまのところ安全だが、週半分禁酒とは一難去って、また一難である。

 男が男性機能を失ったことを認識したとき、人生もうおしまいだ、とがっくり落ち込むひとがいるらしい。ぼくはがっかりはしたが、人生が暗転した気分ではなかった。酒は人生そのものであったが、女性は人生そのものではなかったからだ。人生は出会いと別れと男と女で構成されている。若い男だったら女いのち、というドラマもあるだろうが、第四コーナーを回った年齢に達すると、そのようなこだわりはなくはならないが、薄くはなる。

 ぼくは比較的感情の量は豊富な方だと思う。およそ枯れるということがない。いまでも旅をするなら女子といっしょがいい。女子は歳の差があっても、対等の場合が多いからだ。そこへいくと、男子はすぐ上下関係になるから神経も使う。おそらくぼく自身が女子相手だと上下は意識しないが、男子だと若さからくる肉体的な強弱や敏捷さを目にして、すぎ去った自分の過去を見てしまい、下として捉えるのだろう。

 歌手から脚本家になったJは200人の女性と接触があり、その個別体験をノートに詳述していた、という。同じ女性に巡りあったとき、前にもお相手しましたよ、といわれたが気づかなかった。「肉体構造が違う女性だったら憶えているんだろうけど」と本人はなにかの対談で漏らしていた。大阪の俳優、故藤山寛美は100人の相手をしたが、相性がよかったのは3人だった、という。男にとって女は、人生というドラマを形成してくれる。

 ぼくは激しい女性体験よりも、飲酒体験のほうが劇的だ。どちらかといえば、女子よりも酒のほうが好きだった、とここでは言っておこう。女性遍歴よりも酒遍歴のほうが賑やかだったね。焼酎→ウイスキー→ビール→日本酒と転々として、その間に話せぬことも起こした。これから節酒しなければならない。酒なくてなにが己の人生か。もう十分生きてきたから、飲んでもいいか! 


妄想を楽しむのが人生だ
新年早々、左足のすねを擦りむいた。左の腰に打撲傷もある。横断歩道を小走りに渡ったら、そのまま足が止まらなくなって、小走りに50メートルくらい走り民家のガレージにぶつかって強制的に体を急停止させた。停止と同時に舗装道路の端にひっくり返ったのである。頭の前部も打ったような気がするが、こぶができているわけでもないから、打たなかったのかもしれない。これが駅のホームだったら、線路に飛び込んで止まったのだろうか。

それは30分くらい早足で歩いて相当疲労しているときに起こった。ペン森の最長老も止まらなくなったので壁にぶつかって、ようやく止まったと言っていたことがあった。笑話みたいだと思っていたが、まさか自分がそういう目に遭うとはね。で、きょう医者に診てもらった。いつもの内科医だから、首をひねるばかりで要領をえない。脳梗塞を再発したのではない、と見立てたが念のためあす午前、CTスキャンで頭の内部の映像を撮ることにした。

あれだけ派手に横転してもズボンはまるでなんともない。中身の生身だけが傷つく。以前中尊寺へ行った際、貸自転車に乗っていて坂道の立ちこぎでも前進不可状態となり、止まったとたん下りの傾斜のほうへ横転し、右手首を骨折したが、そのときも衣服は傷ひとつつかなかった。ぼくの皮膚は特別傷つきやすいやわ肌なのだろうか。それとも輸入品の衣類がすこぶる丈夫にできているのだろうか。どうも理解に苦しむのである。

 小走りに走って止まらない現象は年寄りに見られるものらしい。医者は「73歳という年齢は決して若くはありませんからね」とわかりきったことをいう。医者に念押しされなくてもそれくらいのことは自分でも承知している。しかし、年をとる、ということはそれだけで不健康である、というのもうなずける。不健康ではあるが不健全ではない。今年はいまのところ、結婚式出席の予定はない。じつに珍しい。その分、旅に行こうかと思っている。
 
遠近合わせて10回は可能かな、と算段をたてている。暮れの望年会で美人系の17期女子1人がぼくの旅友に手をあげた。この女子は酒もよく飲む。願ってもない立候補者だ。こういうことに刺激を受けて妄想するのは、不健全だろうか。ぼくは、旅は事前の妄想がいちばん楽しいと考えるクチだから、自分ではどんなにあやしげなことを頭に浮かべても不健全とは思わない。それは、あやしげなことを書く小説家が健全であるのと変わらない。

12月27日から1月3日までの長い冬休みも、すぎてしまえばただうちの買いものをしただけで終わった。生活用品やら食材やら、近所のスーパー6軒を1日2回まわって、リュックに詰めて帰る。本は評判の『ジェノサイド』590ページのうち244ページを就寝時に読んだだけ。テレビや新聞にはあまり接しなかった。自室でまどろんでいることが多かった。なんと平穏な。幸せって、こんなもんだろう、と思う一方、おれはどういう状態で死ぬのだろう、と想像した。

死が切実な問題となって迫ってくるのは、大震災のせいではない。年を重ねたせいである。還暦をすぎたころは考えてもみなかったことだ。生命あるものはその生をさずかったときから死に向かう。人生は1回こっきりだ。不健康な高齢になると、そのことが差し迫った問題になる。1回こっきりのあいだにせめて妄想にひたろうではないか。男子は妄想しても内柴みたいに実行しないように。



プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。