ペン森通信
直江兼続を忘れまい
 最近、ほぼ毎日、なにかを忘れてうちを出る。一昨々日は鍵束、一昨日は大学の講座に他大学のファイルをもって行こうとして、往復2時間かけてペン森までとりにきた。きょうは自動車免許証の更新に町田まで行ったのだが、途中で更新免許証を自宅の机に置いたままだったことに気づいた。京王線で橋本に出て、JR横浜線で町田へ向かった。ところが本に夢中になっていて、町田を挟んで行ったり来たり。つまりは、下車する自分を忘れて、乗車したまま余計な時間を費やした。

 自分を忘れるほど夢中になった本は『軍師 直江兼続』(坂口安吾ほか 河出文庫)。戦国時代最強最大の軍師参謀だった人物を描くアンソロジーである。直江兼続はNHK大河ドラマになるというが、光のあて方やどこを切り取ってクローズアップするかで、兼続のイメージはずいぶん印象が異なるだろう。だいたいこの本でも筆者によって兼続像には開きがある。「秀吉や家康よりも、性格的にひどく無欲淡泊で、(略)120万石の大大名ぐらいには、いつでもなれる立場にいた。つまり、主人を倒してとって代わればすぐさま天下一,二の大大名になれる立場におり(略)」(坂口安吾)。

 一方、『謀将 直江兼続』の著作がある作家の南原幹雄は「器量、識見、才腕、気迫ともに当時一流であったから、野心もなみなみではなかったものとおもわれる」と。真逆は採用試験における面接と同じ。面接官によって180度評価が違う。同一人物でも、さあ選挙だ、と自民党が自信満々で選んだ麻生さんも、いまやいないほうがいいというくらいだからね。麻生さんも漢字にルビを振ってくれる兼続みたいな参謀がいればよかった。

 直江兼続という上杉の陪臣は秀吉から大大名なみに米沢藩30万石をもらうが、関ヶ原後120万石を30万石に減封された主君の上杉景勝にそっくり譲る。米沢藩はその後、さらに15万石の半知となるが、家臣団は6000人のままリストラせず窮乏をきわめる。そこへ登場したのが、九代藩主上杉鷹山であった。かのケネディーが尊敬する人物として挙げた、藩政改革の名君である。いまは鷹山のほうが景勝や兼続よりも有名かも。

 一昨年、ペン森生と米沢を訪れたが、文化センターでは半農半士の家の家並み模型や改革劇をめぐるビデオなど、鷹山一色であった。今度は大マスコミNHKの大河ドラマだから米沢は直江兼続一色に染まるにちがいない。三成と通じて関ヶ原のきっかけを演出し、家康に抗した希代のナンバー2のドラマは期待したい。このような大人物がいたことを忘れなかったNHkはえらい!

 あれま、町田からの帰り、新宿の小田急デパートで弁当を買っていったんリュックの中のものを出してから入れたら、いったん出した本『軍師 直江兼続』をそのまま置いて忘れてきちゃった。

スポンサーサイト
『飯田線物語』は車なしでは
 自動車免許の高齢者講習を受けてきた。たまたまぼくは偶然にも以前通った教習所が会場だった。視力、ブレーキ反応、実車とまあ、形式的なものだが、これを受けたという証明書がないと免許の更新ができない。70歳以上になるとこれが義務になる。受講料6150円と高い。70歳以上の免許取得者は約600万人だから、けっこうな財源だ。

 その金がどこへ行くのかはまるで知らない。説明責任はないのだろうか。6150円も取るということは、高齢者はさっさとあきらめて免許証を返納してくれ、といっているようなものだよね。逆送したり、衝突したり、人をはねたり、高齢者の事故が近年、多くなっているから、最も有効的な対策は免許証返納にちがいない。

 ぼくも返納しようかとちらと考えた。だがいったん、6150円を払ったからには、もう取得したほうが賢明だろう。これから5年間、その免許証が身分証明書代わりになるわけだ。身分証明書代わりになる運転履歴証明書を発行してくれるというが、こんなことを知っているひとはすくない。知っていれば返納する高齢者も多いだろうに。

 でも返納は交通網の発達した都市に限られるだろうね。地方は車なしではすごせないところが多い。金融機関、病院、役場、買い物と日常のこまごました生活を支えるのは車である。長期休暇中、近所のおばあさんを郵便局につれていくためだけに車の免許をとったペン森女子がいた。若者が高齢者の足になるというボランティアもあるんだな、と感心したね。

 マイカーを手放したぼくはこれから旅先でレンタカーを運転することがあるかもしれない。基本は列車とバスの乗り継ぎ。11月初め三河に行ったのが最近の旅だから、列車に乗りたくてうずうずしている。次回候補は天竜川沿いのJR飯田線だね。古希プレゼントとして『秘境駅』という写真集をもらった。飯田線は車も通わぬ秘境駅の宝庫なんだよね。『飯田線物語』なんてルポ執筆にも気持が傾く。飯田線の沿線取材をはじめるとすれば、あまりの不便さに車が切実にほしくなるかもしれんけど。



みぞうゆうのはずかしい総理
 学習院大学をでたひとは肩身がせまいだろう。誇るべき母校出身の、麻生太郎総理大臣がやっぱりおバカキャラだということがはっきりばれちゃった。日本国国民としても、はずかしくていたたまれない。日本語は国際的に特殊限定的な言語だから、ブッシュ大統領のように世界的言語でその知性の欠乏が世界に流布されることもなく、国家機密のままで済んでよかった。

 国語問題。次の漢字はどう読みますか、ひらがなで書きなさい。「踏襲」「未曾有」「頻繁」「前場」「詳細」「有無」「完遂」。これが麻生読みだと「ふしゅう」「みぞうゆう」「はんざつ」「まえば」「ようさい」「ゆうむ」「かんつい」と誤読極まれり、全部ペケ。中学生でも読める漢字ばかりだが念のため、正しくは「とうしゅう」「みぞう」「ひんぱん」「ぜんば」「ようさい」「うむ」「かんすい」。

 おそらく役人が書いたものをそのまま読んでいるのだろうが、かながふってないので馬脚が現れた。本人は「単なる読み違いか、勘違い」と意にも介していないらしい。「完遂」を「かんつい」と誤読するのは読み違いかなと許容できる。五木寛之の小説『さらばモスクワ愚連隊』を「さらば息子は愚連隊」と読んだおじさんがいたというが、これが勘違い。

 古い政治記者によると、歴代の総理で読書家といわれたのは宮沢喜一、中曽根康弘の両氏。宮澤さんは古今東西の書物を網羅し、並はずれた本読みで、中曽根さんは思想哲学をふくんだ国家未来像を語るところにそれが表れていた。句を詠み、総理を辞めてからの含蓄に深さと味を感じる。ぼくは細川護煕さんもあげたい。『週刊文春』にいま、漢詩紀行を連載しているが、これまた出が出だけに教養がとてつもない。

 その点、出のいい麻生総理からは哲学も思想も理念も伝わってこない。マンガを読むのは結構だが、やんぬるかな、それ以上いかないところは若者と変わりない。母親は「マンガばかり読まないで勉強しなさい」と怒らなかったのだろうか。あるいは自由放任の家庭教師に任せっぱなしだったのだろうか。地力がないのは本の代わりに耳学問でここまできたから、という噂がある。毎晩のようにホテルのバーへ行くのは、その道のひとたちの話を耳で仕入れるため、というのも噂。酒が入ればむずかしい話は身につかんですよ、ぼくの経験ではね。






マスコミ志望学生必読小説
 きょう11月14日、9月29日に骨折した右手首の関節内骨折がほぼ治った。関節まわりの骨が頑丈になったので、衝撃を与えないようにすれば自由に使ってよいとの行きつけの整形外科医から許可がでた。これで、上半身をよじって左手でマウスをいじり、キーボードを叩く不自由さから解放された。ギブスも取り外しこのブログもめでたく再スタートきることになった。快気祝いに良い本を紹介しよう。

 石田衣良『シューカツ!』はマスコミをめざす7人の早稲田生らしき学生の小説だが、ぼくのように毎年、マスコミ志望学生に接してきた者にとってはとてもなまなましく感情移入してやるせない。その意味で非常にリアルで、マスコミ採用試験のプロセスがことこまかに紹介してある。論作文の重要性に触れてない点が不満だが、とくにテレビ、出版をめざす志望者は必読と勧めておこう。
 
 7人のメンバーは男子4人、女子3人。
 男子Aは、新聞3社と出版3社に失敗して総合家電メーカーに内定。男子Bは、新聞4社、通信2社、出版2社のうち3社に内定。男子Cは、就活の途中引きこもりを経て復帰するも、留年。男子Dは、全国紙4社、通信2社のすべてに内定するが全部辞退し、フリーランスのノンフィクションライターを志す。
この男子Dにぼくは最も共感するね。食えないかもしれんが、それも人生。

 女子A子は、大手出版6社に全敗し、大手百貨店に内定するが、編集者への未練が断ち切れない。(準ミス早稲田)の女子B子は、インターンシップ先のキー局(モデルはフジ)でインターン中にアナウンサーとして目をつけられ、試験を通過して内定。この小説のヒロインC子は、テレビ局2社と出版社2社に失敗するが、小説上のモデルNHKと文藝春秋から内定をもらう。

 エントリーシートからOBOG訪問、集団面接、1次、2次、最終面接と微細に描写して、対象マスコミはNHK、フジ、文春以外に講談社、小学館などとすぐ見当がつく。採用側ではなく受ける側の対応や心理まで手をとり足をとり教えてくれる。フィクションではあるが、これ以上親切なマスコミ採用試験のノウハウ本はない。女性の面接官が女子にきびしいというのは、飲み会ではよくでる話だが、講談社らしき出版社の女性編集長は女子C子をいたぶるぞ。







プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する