ペン森通信
小さきあたまの骨あつまれり
 原爆歌人、正田篠枝(しょうだしのえ)のことは、以前どこかに書いたかもしれない。彼女は、爆心地から2キロ離れた自宅で34歳のとき被爆し、原爆投下直後の故郷、広島の光景を短歌に詠んだ。

 それが歌集『さんげ』であるが、この歌集は敗戦の翌年昭和46年に広島刑務所の印刷所でひそかに印刷された非合法の私家版。占領軍(米軍)は原爆を扱った作品の出版を禁止していたのである。

 原爆症で苦しんだ正田は、それが原因となって乳がんを発症し54歳で亡くなる。ぼくは女子大の授業「文章表現法」で毎年、『さんげ』のなかの短歌と非戦闘員たる市民の日常が瞬時に消滅してしまう近代戦争の無差別攻撃をとりあげる。今期は先週の授業で教材にした。

 ぼくは、原爆投下はホロコーストと同じく許すべからざる戦争犯罪と思う人間だが、その考えを学生に押しつけることはない。原爆歌人の痛切と慟哭を感じてもらって、この短歌のひとつひとつから具体的に想像される視覚イメージを心の目で見て、実感してほしいだけである。

  燃える 梁の下敷きの娘 財布もつ手をあげ これ持って逃げよと 母に叫ぶ
  
  ズロースもつけず 黒焦の人は 女か 乳房たらして 泣きわめき行く
  
  可憐なる 学徒はいとし 瀕死のきわに 名前を呼べば ハイッと答えぬ
  
  太き骨は 先生ならむ そのそばに 小さきあたまの骨 あつまれり
  
  人見れば 声泣きあげて 女訴う 首席の 吾子をもどしてくれと
  
  焼死せし 児が写真の前に トマト置き 食べよ食べよと 母泣き口説く



スポンサーサイト


プロフィール

瀬下先生

Author:瀬下先生
FC2ブログへようこそ!





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する